アレルギー(アトピー・喘息)の子供も医療保険に加入できる?

cpwvb3jusaat7kw

倉見栄美

 

「うちの子アトピーなんだけど保険に入れる??」

「子供の保険を考えてるんだけど、ぜんそく持ちで・・・」

最近、お子さんの医療保険の相談でよく聞く質問です。

 

医療保険は健康状態によって「加入したくてもできない」といったことが起こり得ます。

ではアトピーやぜんそくなど、アレルギーの病気はどうなのでしょうか??

今日はこういった持病を持っている子供の保険について書いていきます。

 

アレルギーの病気とは

 

私たちの体の中には外から入ってきた異物をやっつける「免疫」という機能があります。

この「免疫」はウイルスや細菌から私たちの体を守ってくれる大切な存在です。

 

 

しかし時にこの「免疫」が過剰に反応してしまうことがあります。

そして食べ物や花粉など本来私たちに害を与えない物質に対しても攻撃を加えてしまうのです。

その結果として自分の体に異変が起こってしまうのが「アレルギー」という病気です。

 

アレルギーによる主な症状は以下のようなものがあります。

 

・皮膚・粘膜の異変

かゆみ・唇の腫れ・目の充血・湿疹・じんましん・アトピーなど

 

・呼吸器官の異変

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・せき・ぜんそく・呼吸困難など

 

・消化器官の異変

腹痛・吐き気・おう吐・下痢・便秘など

 

本当にひどくなると呼吸困難で死亡することさえあるのでアレルギーはあなどれません!!

大きな病院ではアレルギーの治療で入院することもあります。

 

したがってアレルギーのお子さんをお持ちのご両親であれば・・・

「万が一のために医療保険に入りたい」という気持ちは当然起こりますよね。

 

医療保険に加入できるか

 

アレルギー性の持病をお持ちのお子さんが医療保険に入れるか??

 

 

結論から言うと医療保険に入ることは可能です。

 

しかし「大丈夫、任せてください!!」と大手を振って言うこともできません。

保険加入時の健康診断のときにより詳しく持病について告知していただく必要があります。

 

具体的にはそのアレルギーによって入院したことがあるかどうか・・・

また治療の期間や治療の方法なども教えていただくことになるでしょう。

薬を常用している場合はその薬の詳細も大切な告知です。

 

昔よりは入りやすい

 

以前はアレルギーの人が医療保険に入ることは難しかったです。

申し込みをしても保険会社の方から断られることが多々ありました。

 

 

しかし今は医療の進歩や薬の改良でアレルギーが重症化することは少なくなっています。

そのため入院歴がなければアレルギーでも無条件で加入できる医療保険は増えているのです。

アレルギーのお子さんを抱えている親御さんにとってはうれしい話ですよね。

 

最後に

 

私たちが子供のころには聞いたこともないようなアレルギーやウイルスが子供たちの健康をおびやかしています。

昔は熱が出たら座薬を入れて家で様子を見るといった感じでしたが・・・

今はあまりに高い熱が出たりその状態が続くと、安全と安心のために入院となることが多いです。

 

鳥取県のお父さん・お母さんは子育てのかたわらでお仕事をされている方も多いでしょう。

そんな親御さんにしてみれば「お医者さんがいる病院にいてもらった方が安心」と思いますよね。

アレルギー持ちの子供の医療保険は最初からあきらめずにまず相談してみましょう!!