ガン保険の損しない選び方!見るべきポイントはたったの4つ

pexels-photo-163944

倉見栄美

 

ガン保険は自分に合ったものを選ぶのが難しい保険です。

たくさんの保険会社がガン保険を販売していますし・・・

しかも続々と新しい商品が出てきています。

 

また商品によって保障内容も大きく違うのです。

したがって選び方を間違えると「保険金が出ると思っていたのに出なかった!!」みたいな事態になります。

 

どうせガン保険に入るのであればシッカリと役に立つものを選びたいですよね!!

今日はガン保険を選ぶにあたって重点的に見るべきポイントをお伝えします。

 

1.保険金の給付タイプ

 

まず1番に見るべきポイントは「どうなったら保険金が給付されるか」という点です。

ガン保険には主に以下5つの給付タイプがあります。

 

1.ガンと診断されたら給付

2.ガンで入院したら給付

3.ガンで手術を受けたら給付

4.ガンで通院したら給付

5.抗ガン剤や放射能治療を受けたら給付

 

この中では1の「診断給付金」を選ぶのが一番良いでしょう。

なぜなら色々なタイプのガンに対応できるから!!

 

ガンはその種類や進行度によって治療の方法が変わってきます。

ガンになったからといって必ず入院・手術・通院をするとは限らないのです。

 

「診断給付金」であれば治療内容にかかわらず保険金を受け取れます。

そして「入院するなら入院代に」「手術するなら手術代に」と何にでも使えるのです!!

 

また医学が日々進歩する中、治療方法・入院日数・手術方法は変わっていきます。

一時金であればどんなにガンへの対応方法が変わっても対応できるのです。

 

実際にガンと診断されたときの精神的なショックは計り知れません。

そんなときに「診断給付金」という一時金でまとまった金額を受け取ればいくらかでも安心感が生まれます。

少なくとも経済的な心配はいくらかやわらぐからです。

 

2.保険金の給付回数

 

ガン保険には診断給付金が一度しか支払われないものと複数回支払われるものがあります。

ガン保険を検討するなら複数回支払われるものを選ぶべきでしょう。

なぜならガンは再発したり転移することがけっこう多いからです。

 

しかしここで気を付けなければならないことは「2回目以降の支払い条件」です。

保険によっては2回目以降の支払い条件が複雑なものがあります。

そういったものは条件に引っかかりやすく再度保険金が出ないということが多いです。

 

ガン保険を選ぶ際には保険金が複数回出て、かつ2回目以降の支払い条件がシンプルなものを選びましょう。

 

3.保険金の支払い対象

 

ガンは大きく以下の2種類に分かれます。

 

・悪性新生物(悪性の腫瘍ができる重度のガン)

・上皮内新生物(上皮まででとどまる軽度のガン)

 

そして自分がガンで給付されると思っている保険や特約の中には・・・

「悪性新生物」のときしか保険金が出ないものがあるのです!!

 

 

どんなガンにかかってしまうかはそのときになるまで分かりません。

「上皮内新生物」だったときでもシッカリと保険金が受け取れるものを選びましょう。

 

4.先進医療特約の有無

 

ガンの治療法の中には公的医療保険が適用されないものもたくさんあります。

そしてその中には優れた効果が期待できる新しい治療法なんかもあるのです。

ガンになったとき、場合によってはそういった治療を受ける選択をするかもしれません。

 

しかしこういった治療は3割負担とはならないので治療費が高額になりがちです。

そういった高額出費に備えるために「先進医療特約」というものをガン保険に付けることができます。

 

個人的にこの「先進医療特約」は付けておくべきだと私は考えます。

なぜならこれからどんどん新しい治療法が出てくるからです。

 

私が保険の仕事を始めたころ「先進医療」と呼ばれるものは数えるほどしかありませんでした。

しかし今ではたくさんの種類の先進医療があって現在進行形で増え続けているのです。

 

国は新しい治療法が出てきても公的医療保険の範囲内に含めることに消極的です。

なぜなら今でも財政の大きな負担となっている社会保障費をこれ以上増やしたくないから!!

 

なのでそういった新しい治療法はこれからどんどん「先進医療」となっていきます。

「先進医療特約」を付けていなければこういった新しい治療を自己負担しないと受けられなくなってしまうのです。

 

まとめ

 

ガンの治療法は日々進化しています。

そしてそれに合わせてガン保険もどんどん変わっているのです。

したがってガン保険の選択は年を重ねるごとに難しくなっています。

 

見るポイントを上記の4つにしぼればある程度の目星を付けられるようになるでしょう。

ガン保険を検討する際にはぜひ参考にしてみてください。

「それでも難しいな~」と言う方には私たちハロー保険が相談に乗りますよ。