ガン保険は病気でも入れる?病歴があってもOKな人の特徴

diabetes-blood-sugar-diabetic-medicine-46173

倉見栄美

 

ガン保険に入るのにも他の保険と同様に「告知」が必要になります。

告知とは最近の健康状態や過去の病歴などについて保険会社に知らせることです。

 

自分の健康状態に不安のある方や過去に大きな病気をした人はこの告知に対して不安を覚えるかもしれませんね。

告知の内容によっては保険に入れなかったり保障内容に条件が付いたりするからです。

 

今日はガン保険の告知について詳しく書いていきましょう。

また持病や病歴があってもガン保険に入れるのかについてもお伝えしていきます。

 

ガン保険の告知

 

ガン保険の告知は基本的にガンに関する病気を過去にわずらったことがあるかを聞くだけです。

ガン以外の病気について聞かれることもありますが・・・

それが「ポリープ」や「腫瘍」などガンと関係の深い病気でない限り保険に入ることができます。

 

なぜならガン保険はガンだけを保障する保険だからです。

どんな病気になっても保障がある医療保険と比べると告知は簡単になります。

 

なので過去に病歴がある方であってもガンと関係なければ安心して良いでしょう。

 

ガンになったことがある人は厳しい

 

逆に今までガンにかかったことがある人はガン保険に入るのが難しいです。

ガンというのは再発したり転移したり病気なので・・・

一度ガンにかかると「またガンになる可能性が高い」と見なされてしまいます。

 

しかしだからと言ってあきらめる必要はありません!!

ガンの病歴があっても過去5年以内に診察・検査・治療・投薬を受けていなければ加入できる医療保険なんかもあります。

 

「ガン保険に入っていないとガンで入院したとき保険金が出ないよね~」とよく質問されますが・・・

医療保険でもガンで入院したら保険金を受け取ることが可能です!!

参考:医療保険とガン保険の違いって何?ガン保険の方が必要な理由

 

したがってガンになってから5年以上経っていて再発もしていないというような人は医療保険を検討しましょう。

 

ウソの告知は絶対ダメ!!

 

「正直に告知すると保険に入れなさそうだから・・・」とウソの告知をする方がごくまれにいます。

しかしこれだけは絶対にしてはいけません!!

 

ウソの告知をすると「告知義務違反」となって保険金をもらえなくなります。

またそれまでに払った保険料も一切戻ってきませんので単なる払い損で終わるのです。

 

めったにないとは思いますが保険販売員の中にはウソの告知をうながす方もいます。

「バレないから」「時効があるから」などと言って無理やり保険に入らせるのです。

 

しかし告知義務違反は必ずバレると考えておいた方が良いでしょう。

また時効も故意にウソの告知をしたのであれば無効になります。

決してそういった販売員の甘い言葉には騙されないようにしてください!!

 

告知内容や判断基準は保険会社や保険商品によってマチマチです。

ある保険会社では断られたのに別の保険会社では入れたなんてことはよく聞きます。

ウソをつくぐらいならあきらめずに何社でも相談してみるのが良いでしょう。

 

まとめ

 

ガン保険はガンに関する病歴がなければほぼほぼ加入できます。

またガンになったことがある人でもある程度時間が経っていれば医療保険に入れるのです。

保険に入るために告知でウソをつくと大きな代償を払うことになるので絶対にやめましょう。