30秒でわかるハロー保険

一戸建ての火災保険|水漏れ(漏水)が補償される条件とは?

 

「水道管から水がもれて部屋が大変なことに」

「上の階から水がたれて室内が水びたしだ」

お客さまからときどき受ける相談です。

 

水漏れが発生した場合、その被害は想定したものより大きくなりがちです。

天井や床板、壁紙の張り替えをしなければならなくなったり・・・

濡れてしまった家具や電化製品の買い替えが必要になったりするのです。

 

このような場合、火災保険の補償が使える可能性があります。

今日は火災保険の水濡れに対する補償について、くわしくお伝えしましょう!!

 

火災保険は火事だけじゃない

 

 

火災保険はその名前から、火事だけにしか使えないと考えられがちですが・・・

契約内容によっては自然災害・盗難・破損などで被害を受けた場合でも、補償の対象になります!!

 

たとえば、東京海上日動の火災保険パンフレットを見てみると・・・

火災のほかに風災や水災など、様々なリスクに対応していることが分かるでしょう。

 

参考:トータルアシスト住まいの保険 | 東京海上日動火災保険

 

これは何も、東京海上日動だけではありません。

一般的な火災保険の補償内容は、どこの保険会社もほぼ同じです。

 

そして、雨漏りの修理となったとき・・・

この中にある「水漏れリスク」というものが、重要になってきます!!

 

水濡れリスクとは

 

水濡れリスクとは、以下のようなものです。

これらが発生した場合、火災保険で被害が補償される可能性があります。

 

1.給排水設備の事故による水漏れ

 

 

建物内外の給排水管から水漏れが発生し、建物や家具が損害を受けると保険金が支払われます。

(ただし建物のみで家財は対象外となっている契約の場合は建物のみ補償です)

具体的には水道管・排水管・水洗トイレ設備・温水器・雨どい・浄化槽などが挙げられます。

 

よくあるのは古いマンションや団地で、老朽化した配管から水漏れが発生したという相談です。

また冬の時期は水道管が凍結して、そこから破裂したというのもよく聞きます。

 

2.他の戸室で発生した事故による水漏れ

 

 

他の家から発生した水の事故により、建物や家具が損害を受けると保険金が支払われます。

(ただし建物のみで家財は対象外となっている契約の場合は建物のみ補償です)

他の家とはマンションでいえば上の階や隣の部屋、一戸建てでいえば隣近所が挙げられます。

 

よく聞くのは上の階がお風呂の水を出しっぱなしで下までもれてきたという話ですね。

また浴槽以外にも「洗濯機のホースが外れた」「トイレの配管が壊れた」など原因は様々です。

 

賃貸の場合はまず大家へ

 

 

ただし一戸建てやマンション・アパートを借りている場合は注意が必要です。

なぜなら契約によって、どこまで自分(借主)の責任で直すべきかが変わってくるから!!

 

場合によっては、大家さんが修理費を負担すべきケースもあります。

なので賃貸物件の場合は保険を請求する前に、不動産屋さんに相談してみましょう。

 

水漏れで補償が効かないパターン

 

火災保険に水漏れ補償があったとしても、以下のような場合は保険が効きません。

 

1.自分の不注意で自宅が水びたしになった

 

 

補償が受けられる事故というのは「偶然かつ突発的」という条件が付きます。

これは事故の発生が事前に予想できず、しかも突然に起こるような事故です。

配管の破裂などはまさにそうですよね。

 

しかし蛇口から水を出しっぱなしなど、自分の不注意で起こった事故はこれには該当しません。

したがって補償の対象外となってしまうのです。

 

2.自分が水漏れの加害者になった

 

 

火災保険というものは基本的に自分の家に起こった損害を補償する保険です。

したがって下の階の人に損害を与えてしまっても保険金が出ることはありません。

 

もしこういった損害賠償に備えようと思ったら、「個人賠償責任保険」が便利です!!

これは、火災保険に特約として付けることができます。

 

この保険は家の事故だけでなく、日常の様々な賠償リスクにも対応してくれます。

しかもこれに1つ入っておけば、家族全員が補償の対象になるのです!!

 

保険料も安いので、悪さしがちな小さいお子さんがいる家庭は加入をおすすめしますよ。

参考:子供の物損にたった100円で備える!個人賠償責任保険とは?

 

3.すでに他の人から賠償してもらった

 

 

たとえば上の階から水漏れが発生し、上の階の人が保険で被害を弁償してくれた場合・・・

自分の家の火災保険も請求して、お金を2重取りすることはできません。

 

火災保険などの損害保険は、「被害を受けた金額を補償する」というものです。

したがって、受けた被害以上の保険金を受け取ることはありません。

参考:火災保険を複数契約?お金の無駄なので即刻やめましょう

 

バレないようにやろうとしても、保険会社同士はつながっているので絶対バレます。

最悪の場合、保険金詐欺で訴えられる可能性もあるので気を付けてください。

 

免責金額に注意

 

 

火災保険を使う場合、気を付けなければいけないことがあります。

それは、「免責金額」を設定しているかどうか!!

 

「免責金額」とは、修理費のうち自分自身が負担する金額(自己負担額)のこと。

火災保険の契約によっては、「5万円までは自己負担でお願い」みたいな条件が付いています。

 

したがって、支払われる保険金は以下のような式で計算されるのです。

保険金 = 損害額(修理費)- 免責金額(自己負担額)

 

たとえば、免責金額が5万円だったとして・・・

損害額が6万円ならば、5万円を引いた1万円が受け取れます。

しかし損害額が5万円だと、1円も受け取ることができません。

 

つまり損害額が免責金額を越えないと、保険金はゼロなのです!!

 

火災保険に加入する際に、多くの人は免責金額を3万円とか5万円に設定しています。

そうした方が、保険料が安くなりますからね~

したがって被害が少ないと、火災保険の出る幕はありません。

 

他の被害を調べよう

 

 

「じゃあダメかも・・・」と、保険請求をあきらめるのはまだ早い!!

そのような方は、他にも被害が出ていないかを注意深く確認してみましょう。

たとえば水漏れは1か所だけでなく、ほかのところでも発生しているかもしれません。

 

そういった場合は、両方あわせて保険金を請求してみるのです。

すると免責金額を超えて、いくらか火災保険から補償される可能性があります。

 

免責はゼロがおすすめ

 

 

少し前に、「雪で瓦(かわら)が3枚壊れた」というお客さまがいました。

修理代を見積もってみると、28000円。

 

その方は、免責金額をゼロとしていたので・・・

28000円を、そのままお支払いすることができました。

 

家周りで数万円という小さな修理が必要になる事態って、実はけっこうあります。

しかも火災保険は自動車保険みたいに、使ったら保険料が上がるということはありません!!

したがって私は個人的に、免責ゼロの充実プランをお客さまにおすすめしています。

 

火災保険を見直すなら

 

 

免責ゼロのプランなど、火災保険の見直しなら私たちハロー保険にご相談ください!!

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人に合った火災保険を提案します。

 

遠方だったり相談に行く時間のない方は、ネットの「火災保険一括見積もりサービス」が便利です!!

参考:保険の窓口インズウェブ【無料】火災保険一括見積もり

 

3分ぐらいで簡単に入力が完了し、一度に最大14社の見積もりを無料で取れます。

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、一番安い保険を見つけられますよ。

 

まとめ

 

水漏れで建物や家具がダメージを受けた場合、火災保険で補償を受けられる可能性があります。

水濡れは自分が思っている以上に大きな損害を受けるので保険金は大きな助けとなるでしょう。

しかし対象外となるパターンもいくつか存在するので気を付けてください。

 

火災保険に加入している方へ

 

あなたが払っている火災保険の保険料、実は割高ではありませんか??

下の記事をチェックして、あなたの火災保険の適正相場を調べてみましょう!!

参考:火災保険10年でいくら払ってる?保険料の平均相場を知る方法