生命保険いくらもらえるのが良い?死亡受取金額の平均と目安

baby-caucasian-child-daughter-53590

倉見栄美

 

「生命保険の金額って皆さんどうしていますか??」

「死亡保障の金額に目安ってあったりしますか??」

生命保険をご検討しているお客さまからよく聞かれる質問です。

 

生命保険に入るときに何より重要なのは「必要な保障金額を計算すること」です。

簡単に言うと「いざという時いくらもらえる保険に入るか??」ということ。

 

この金額が高すぎると毎月ムダな保険料を支払うことになりますし・・・

この金額が安すぎると万が一のときにとても困った事態が発生します。

 

いったい生命保険でいくらぐらいのお金を準備すれば良いのでしょうか??

今日は皆さんが加入している生命保険の平均受取額をお伝えします。

また家族構成別に必要保障額の目安を考えていきましょう!!

 

生命保険の平均受取額

 

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成28年度)」によると・・・

死亡したときに受け取る生命保険の平均金額は1231万円です!!

 

年齢・男女別で見てみると以下の通りになります。

 

 

やっぱり一家の大黒柱となりがちな男性の生命保険金額は高いですね!!

いずれの年代でも男性の方が女性よりも保障が大きく・・・

全体では男性の保障額は女性の倍以上となっています。

 

年齢で見ると30~50代がずば抜けて金額が高くなっています!!

やはり家庭を持って子供ができる年代は保障も大きいのでしょう。

個人的には20代の人たちが1000万円近くの保険に入っていることに驚きです。

 

次に金額の分布をみてみると以下の通りになります。

 

 

男性の生命保険金額で一番多いのは「1000~1500万円」です。

しかし次いで多いのが「3000~5000万円」という金額!!

2極化していますが、いずれも1000万円以上の大きな保障となっています!!

 

女性の生命保険金額で一番多いのは「200~500万円」です。

そして次に多いのが「500~1000万円」という金額。

いずれも女性は1000万円以下の補償で十分と考えられていることが分かります。

 

死亡保険金額の目安

 

上記の数字はあくまで「平均」です!!

保険金額というのはそれぞれの人の状況によって大きく変わります。

なので参考程度にとどめておいてください。

 

生命保険の保障金額を決めるのに一番大切な要素は「家族の形(家族構成)」です!!

なぜなら生命保険は「家族にお金をのこす」ためのものだから。

 

これまで保険のプロとして3000人以上の方と保険の話をしてきた私が考える・・・

それぞれの家族構成における必要保障金額の目安は以下の通りです。

 

1.独身 

 

pet_dog_sanpo_man

 

独身の方に生命保険は必要ありません!!

もし入るとしたら葬式・お墓代として100万円ほど準備すれば十分でしょう。

 

またご両親にちょっとお金を残したいと考えるならば・・・

上記に100~200万円をプラスする感じですね。

参考:20代独身は生命保険いらない!若者に保険の必要性が薄い理由

 

2.夫婦のみ(共働き)

 

tomobataraki_couple

 

結婚していても子供がいなければ大きな生命保険はいりません。

また結婚相手が仕事をしていれば万が一のときもお金のことではそんなに困らないでしょう。

 

独身の場合と同じように0~300万円程度の生命保険で十分です。

参考:子供なしの夫婦二人へ!生命保険・医療保険の選び方(見直し方)

 

3.夫婦のみ(専業主婦・主夫)

 

couple_man_woman

 

結婚相手が専業主婦(主夫)の場合は万が一のときに相手がお金に困ってしまいます。

自分の葬式関連費用に加えて相手の当分の生活費も考えなければいけません。

 

相手がいざというときに再就職可能かどうかで保障金額の大小は変わってきますが・・・

平均的な金額は1000~1500万円ぐらいです。

参考:子供なしの夫婦二人へ!生命保険・医療保険の選び方(見直し方)

 

4.夫婦と子供(共働き)

 

tomobataraki_family

 

子供がいる場合は大きな保障が必要になってきます。

もし親御さんのどちらか一方が亡くなった場合・・・

子供の学費や生活費などが残された家族に大きくのしかかるからです。

 

子供の年齢や数によって保障金額は大きく変わってきますが・・・

少なくとも1500万円ぐらいは準備しておきたいですね。

参考:子供ありの夫婦へ!生命保険・医療保険の選び方(見直し方)

 

5.夫婦と子供(専業主婦・主夫)

 

family_fusen_boy

 

結婚相手が専業主婦(主夫)でかつ子供がいる場合は一番保障金額が大きくなります。

子供たちにかかるお金にプラスして結婚相手の当面の生活費も必要になってくるからです。

 

子供の年齢や数、結婚相手の再就職可否によって保障金額は大きく変わってきますが・・・

少なくとも2000万円ぐらいは準備しておきたいですね。

参考:子供ありの夫婦へ!生命保険・医療保険の選び方(見直し方)

 

6.シングルマザー(ファザー)

 

baby_komoriuta

 

シングルマザー(ファザー)が準備するのは子供の将来にかかってくるお金のみです。

したがって「4.結婚(相手就業・子供あり)」と同じように考えれば良いでしょう。

 

子供の年齢や数によって保障金額は大きく変わってきますが・・・

少なくとも1500万円ぐらいは準備しておきたいですね。

参考:母子家庭(シングルマザー)におすすめの生命保険や学資保険

 

必要保障金額の計算方法

 

私が良く使う必要保障金額の計算方法は以下の通りです。

(毎月いくらあったら暮らせるか)×(12か月)×(65歳までの年数)=(必要保障金額)

 

 

例えばご主人の生命保険を考える場合・・・

奥さんに「毎月いくらあれば子供たちを養いながら生活できますか??」とたずねます。

 

そこで出てきた金額に12をかけて1年あたりに必要となってくる金額を出して・・・

その金額にご主人の収入があるであろう65歳(退職年齢)までの年数をかけます。

そうすれば一生涯に必要となってくる保障金額が分かるのです!!

 

ケース別シミュレーション

 

最後に私が実際に見てきたお客様の必要保障金額の決め方をここに書いておきます。

ご自身にいくらの生命保険が必要かをあらためて考えるキッカケになればうれしいです。

(個人情報保護のため年齢や家族構成などはちょっと変えています)

 

ケース1:子供あり家族

 

family_fusen_boy

 

ご主人(39歳・自営業)

奥さん(35歳・会社員)

子供3人(9才・7才・1才)

 

ご主人が亡くなり、自分1人で子供3人を育てていく想像を奥さんはしてみました。

旦那さんは国民年金に加入しているので遺族年金が入ります。

奥さんの収入は手取り約12万円で昇給する見込みはありません。

 

遺族年金と給料にプラスして、あといくらあれば子供の学費や自分の老後をまかなえるか・・・

奥さんの口から出たのは「あと月々10万円収入があったら助かります」という答え。

補償額は10万円×12ヶ月×ご主人が65才になるまでの年数=3120万円となりました。

 

一方、ご主人は「奥さんが万が一亡くなった場合は葬式代だけで良い」と言われました。

しかし奥さんは「子供たち3人にそれそれ月々3万円ずつ残してやりたい」とのこと。

保障額は3万円×3人×12か月×奥さんが60才になまでの年数=2700万円となりました。

 

ケース2:子供なし夫婦

 

couple_man_woman

 

ご主人(47才・会社員)

奥さま(47才・パート)

 

ご主人の願いは「自分がいま奥さんに渡している給料分くらいは残してあげたい」というもの。

保障額は15万円×12ヶ月×ご主人が65才になるまでの年数=3240万円となりました。

 

一方、奥さんは「私が死んでも主人は葬式代200万だけで良いでしょう」とのこと。

「だけど私はきっと長生きだから貯金もできるような保険でお願い」と奥さんは付け加えました。

したがって60歳になったら満期金が受け取れるような貯蓄型の生命保険にしました。

 

ケース3:シングルマザー

 

baby_komoriuta

 

お母さん(39才・会社員)

子供3人(16才・15才・11才)

 

「子供達のこれからの学費や生活費を考えて1人当たり800万円残してやりたい」との希望。

よって保障金額は800万円×3人=2400万円となりました。

 

「だけど子供が20歳になるたびに保障を減らして保険料をおさえたい」と追加の希望。

したがって3人とも独立した後は葬式代として200万円の保障が残る生命保険にしました。

 

最後に

 

家族の形によって必要な生命保障の金額は変わってきます。

しかもシミュレーションで示した通り、個々人の希望まで含めると・・・

「このぐらいの金額が妥当」とひとくくりに言うことはできないのです。

 

自分にとって必要な金額はいくらなのか・・・

ご自身の家族状況や希望をしっかりと考えたうえで保険金額を決めていきましょう。

もし自分1人で決めるのが難しければ保険のプロに相談してみるのも手です!!