子宮ガンで亡くなる親友に保険金を渡して学んだこと

love-heart-hand-romantic

倉見栄美

 

生命保険は単なる金融商品ではありません。

私は生命保険を「愛」と考えて、日々お客さまにご案内しています。

 

「愛」なんて使い古された言葉を使うと安っぽく聞こえるかもしれませんが・・・

でも本当に心の底から私はそう感じているのです。

今日は私がそのように考えるようになった自身のエピソードをお話しします。

 

親友への保険金支払い

 

私はこれまで何度も保険金のお支払いをしてきました。

その中でも一生忘れることはないであろう出来事があります。

それは私の親友への保険金支払いです。

 

保険の仕事に猛反対した親友

 

それは今から20年も前のこと・・・

私が保険会社に就職すると親友に言ったとき、彼女は猛反対しました。

 

「大変だからやめんさい」

「ずっと成績と締め切りにしばられるよ」

「私は保険屋はイヤだし、保険も嫌いだ」

 

そう言って保険屋になるなら友達を辞めるとまで言われました。

 

しかし当時30代半ばの私は2人の息子を育てていかなければいけません。

先の不安ばかりで仕事を選んでいる余裕はなく・・・

そんな彼女の反対を押し切って、私は保険会社に入社したのです。

 

親友がガンになる

 

仕事を始めたばかりのころ・・・

私は彼女の言葉を身に染みて理解しました。

 

「なんでこんな仕事始めたんだろう」

毎日やめることばかり考えていたと思います。

 

しかし、それでも年月は過ぎていき・・・

多くのお客さまや家族に助けられながら、この仕事にやりがいを感じ始めたときのことです。

彼女から衝撃の一言を受けました。

 

「私、ガンになった」

 

彼女は子宮ガンのレベル3・・・

5年間、生存できる確率は40%と告知を受けたのです。

 

それでも彼女は私に涙を見せることなく、以下のように言いました。

「あんたが言う通り、保険に入ってて良かったと思えるときが来たわ」

 

そうなんです。

彼女は私が保険会社に就職することに大反対しながらも・・・

「仕方ない、私も入ってあげるが」と保険に入ってくれたのです。

 

まだ私が保険の説明もおぼつかない頃でした。

 

親友は治療を拒否

 

彼女は生存率が40%もあるのにガン治療を一切拒否しました。

私がどんなに説得しても。

ご主人やお子さんがどんなにお願いしても。

 

ただただ死を待つようにさえ感じる日々の中・・・

まだ20代前半の彼女の息子さんたちは大きなお金を使い始めました。

 

かたくなに病院へ行かないお母さんのために・・・

ガンに良いと言われている健康食品や健康器具を買い漁ったのです!!

 

その想いはただ一つ。

「奇跡が起こってほしい」という願いからでした。

 

親友に保険金を支払い

 

そんな中、私は3大疾病の一時金給付をサポートしました。

また緩和ケア病院で余命半年と宣告された彼女に・・・

死亡保険金を生前給付することを病床で相談したのです。

 

今にも消えそうな、かすれた声で彼女はこう言いました。

 

「本当にありがとう」

「お金をかけてくれた息子たちに私の手でお金を返してあげられる」

「あんたが保険屋で良かったわ」

 

それが私に見せてくれた最後の笑顔でした。

 

ある週末の夜・・・

腰が痛いと訴える彼女の腰をさすりに行きました。

私は彼女のやせた体をずっとさすることしかできません。

 

その週が明けると同時に彼女は天に召されました。

まだ50歳という若さです。

 

親友の死が教えてくれたこと

 

親友の死が私の保険に対する意識やお客さまへの思いを大きく変えました。

 

保険を提案してご契約をいただくのが私の仕事ではありません。

ご契約をいただいてから、いかにお客さまをサポートしていくかが私の仕事です!!

 

生命保険は単なる金融商品ではありません。

私は生命保険を「愛」と考えて、日々お客さまにご案内しています。

 

落ち込んだときも苦しいときも、嬉しいときや楽しいときも・・・

彼女の「ありがとう」がずっと私の心を支えてくれています。