30秒でわかるハロー保険

切らずに治す最先端のガン治療!岡山の陽子線治療施設を見学

 

「最先端のガン治療って、いったいどんなものなんだろう??」

その知識を得るため、ハロー保険メンバーで岡山の津山中央病院に見学へ行きました。

 

津山中央病院は、中四国エリアにおけるガン医療の拠点です!!

ここでは、最先端の科学技術を使ったガンの治療法「陽子線治療」を受けられます。

そこで学んできたことを、ここでみなさんに共有しましょう。

 

岡山の陽子線治療施設を見学

 

今回おじゃましたのは、津山中央病院内にある「がん陽子線治療センター」です。

この施設は、岡山大学と津山中央病院が共同で運用しています。

 

 

まずは玄関先にて、この施設についてのお話をうかがいました。

ここでは最先端の陽子線治療のほか、従来の放射線治療も受けられるとのこと。

 

 

陽子線治療は装置にものすごくお金(60億円)がかかるので、数が少なく・・・

総合病院で陽子線治療を受けられるのは、中四国でここだけなのだそう!!

 

 

陽子線治療とは

 

続いて大広間にて、陽子線治療についての説明を受けました。

陽子線治療とは、陽子線を当てて体内のガン細胞を壊す新しい治療法です!!

 

 

まわりの健康な組織を傷つけず、体の奥にあるガンだけをダイレクトに破壊できます。

なので治療効果が高く、副作用も最小限におさえることが可能です。

参考:がん陽子線治療について

 

参考:陽子線治療の特徴

 

またメスを入れることなく治療が完了するので、身体への負担がとても少なく・・・

ご高齢の方や、手術ができない方でも受けることができます。

 

 

また普段通りの生活を送りながら、通院だけで治療するというスタイルも可能だとか!!

 

陽子線治療のデメリット

 

しかし、この陽子線治療も万能ではありません。

広範囲に広がったり、うすい膜にできる以下のようなガンには効果がとぼしいです。

 

・乳ガン

・胃ガン、大腸ガン

・子宮ガン、卵巣ガン

 

 

またこの治療はなんといっても、お金がかかります。

陽子線治療は健康保険が適用されないので、約300万円という高額の自己負担が必要です!!

 

 

したがって、医療保険やガン保険の「先進医療特約」が重要だという話でした。

 

巨大な医療装置

 

陽子線治療について一通り勉強したあと、実際の治療装置を見に行きます。

 

 

なんだか、ヤバげな雰囲気。笑

 

 

まず、治療に使う「陽子線」を発生させる装置を見に行きます。

 

 

「ここは工場か」と見間違うほどの設備です!!

 

 

この巨大装置を使って、水素原子から陽子を取り出し・・・

光速近くまで加速させて、陽子線を生み出します。

 

 

一人、もくもくと進んでいく社長。笑

 

 

近未来的な治療室

 

続いて、実際に患者さんが治療を受ける部屋を見学しました。

 

 

SF映画にでも出てきそうな、近未来的な外観!!

 

 

この装置の上で患者さんは横になり、陽子線を当てられます。

 

 

1回の治療時間は、15~30分程度です。

実際の照射時間は、約1~3分程度とのこと。

 

ガンになると覚悟しておく

 

案内してくれた方の言葉で、とても印象に残っているものがあります。

それは「ガンになると覚悟しておく」というもの!!

 

日本人の2人に1人は、一生涯のうちに必ずガンにかかります。

そして3人に1人は、そのガンで亡くなっているという統計データがあるのです。

 

 

これはけっこう、高い確率でしょう??

なので「自分はもう絶対にガンになる」と、あらかじめ思っておいた方が良いとのこと。笑

 

そうしたら、事前に心の準備ができます。

いざ「あなたはガンです」と告知を受けたときも、あわてずに済むのです。

 

この施設に来られる方で、保険を使って治療を受ける方はたったの3割だそう。

つまり残りの7割はガンに備えた保険に入っておらず、高額の治療費をなんとか工面して来るのです!!

 

あらかじめ覚悟を決めておくことの大切さを、この施設に来て知りました。