30秒でわかるハロー保険

初めての自動車保険は高い!若者向けで料金の安い保険ある?

 

「自動車保険って、こんなに高いんですか??」

新しく免許を取り、これから車に乗る若い方からよく言われる言葉です。

 

若い人は残念ながら、自動車保険の保険料が高くなる傾向にあります。

しかしそれによって、若者の車離れが起こっていることも事実です。

したがって各保険会社は、若者の自動車保険を安くする努力を行っています。

 

今日は若者の自動車保険が高い理由と、保険料を安くする方法についてお伝えしましょう!!

 

若者の自動車保険が高い理由

 

なぜ若い人の自動車保険は、料金が高くなってしまうのでしょうか??

それは主に、以下2つの理由があります。

 

1.事故率が高い

 

 

免許を取りたての若者はまだ運転の経験があさいのに、スピードを出しがちです。

したがって他の年代より事故が多く、しかもその損害は大きくなる傾向にあります。

実際に統計を見てみると、10代の事故率はずば抜けて高い!!

 

参考:平成28年における交通事故の発生状況

 

したがって、保険料もそれにあわせて高く設定されているのです。

 

2.新規の加入となる

 

 

初めて車に乗る若い人は、当然ながら自動車保険にも初めて入ります。

そして新規の自動車保険は6等級からで、保険料の高いところからスタートです。

参考:たった3分で理解できる!自動車保険の等級制度の仕組み

 

特に若い人だと、6等級では保険料が割増されます。

21歳未満の場合、なんと28%も保険料が上がるのです!!

 

無題

参考:トータルアシスト自動車保険 | 東京海上日動火災保険

 

保険会社の取り組み

 

この自動車保険の高さは、若者のクルマ離れの一因となっています。

給料の少ない10代・20代にとって、多額の保険料負担は避けたいからです。

 

2012年の調査によると、自動車に関心のある比率は以下のように減っています。

 

対象 2001年 2011年 比率の変化
20代男性 71.2% 41.8% −29.4
30代男性 76.7% 54.5% −22.2
40代男性 71.4% 66.5% −4.9
20代女性 52.2% 26.9% −25.3
30代女性 46.0% 30.0% −16.0
40代女性 33.3% 32.4% −0.9

参考:「若者のクルマ離れ」に関する現状分析と打開可能性

 

この状況が続くと、将来的に車に乗る人は少なくなっていくでしょう。

結果的に自動車保険に入る人も減り、保険会社の収入はなくなってしまいます。

 

また若者の無保険車が増える原因ともなり、被害者の救済が難しくなるでしょう。

実際に、公道を走る無保険車の割合は増えています。

参考:衝撃!日本の道路には、無保険車が約1/4も走っていた

 

したがって、各保険会社はこの状況を打破しようと・・・

若者向けに、保険料が安くなる自動車保険を色々と開発していますよ!!

具体的には、以下の通りです。

 

1.借りた車専用の保険

 

 

「東京海上日動」は、知人や友人から車を借りて運転する人向けの保険を作っています。

参考:当日でもワンコインで自動車保険に入れる!1日保険とは?

 

24時間単位で500円からと、加入しやすく合理的な商品内容としているほか・・・

その保険を使って事故がなければ、新たに自動車保険に加入する際に最大20%割引です!!

 

2.新規契約専用の保険

 

 

「三井住友海上」や「あいおいニッセイ同和損保」は、初めて自動車を持つ人向けの保険を作っています。

参考:はじめての自動車保険(個人用自動車保険)

 

基本の補償をセットにして、分かりやすい商品内容にしているほか・・・

通常の自動車保険と比べて、保険料を6〜12%割り引いていますよ!!

 

3.ゴールド免許向けの保険

 

 

「損保ジャパン日本興亜」は、20代前半のゴールド免許取得者向けの保険を作っています。

参考:ゴールド免許割引の割引率は何%ですか?

 

26歳未満のゴールド免許取得者の割引率は、これまで7%でしたが・・・

これを他の年代と変わらず、12%に拡大しましたよ!!

 

見た目の割引率に注意

 

若者向けの保険は、たしかに通常よりも保険料が安くなります。

しかし上で述べたように、若者はもともと28%の割増となっているのです!!

したがって6~20%割引になったところで、焼け石に水な感じが・・・

 

 

実は若者向けの保険に入るよりも、さらに保険料を安くする方法があります。

一例をあげれば、同居の親族の等級が高い保険を子供にゆずるという方法です!!

等級にもよりますが、20%以上の割引を適用させることもできますよ。

 

同居の親族なので、親の保険をあげられることはもちろんのこと・・・

車に乗らなくなった、祖父母や兄弟の保険もゆずることが可能です!!

 

これ、実はかなり重要な話で・・・

自動車保険は通常、何年も継続して保険料を払っていきます。

そこで間違った入り方をしてしまうと、その間ずっと損をすることになるのです。

 

たとえば等級が6スタートと7スタートでは、下図のように毎年保険料に差が出ます。

10年単位や家族単位で見ると、累計で10~30万円の損失になることも!!

 

%e5%9b%b31

 

ほかにも、色々なワザがあります。

くわしくは、私たちハロー保険に相談してください!!

 

鳥取県外の方へ

 

鳥取県外にお住みで、私たちハロー保険へ相談に来れないというお客さまへ。

口コミ評判の高い無料保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください!!

参考:おすすめの無料保険相談窓口は?口コミサイト15つで統計取った