帝王切開で保険金?妊娠出産する人は医療保険に女性特約を!

倉見栄美

 

最近「女性向け」「女性専用」とうたった医療保険が増えています。

女性向け保険とは厳密に言うと「女性疾病特約」を付けた保険のことです。

 

この特約を付けると乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気に対して手厚い保障が受けられます。

これらの病気になったとき、入院給付金が増えたり手術給付金が上乗せされるのです。

 

私は女性に医療保険を提案するとき、必ずこの「女性疾病特約」をおすすめしています!!

特にこれからの人生において妊娠・出産を考えている若い女性には特にです。

今日はその理由について述べていきましょう。

 

女性特有の病気とは

 

「女性特有の病気」とは、女性にしかない器官(乳房や子宮など)に関連する病気です。

具体的には乳がん、子宮がん、卵巣がん、乳腺症、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣の機能障害、卵巣のう腫などが挙げられます。

 

 

また女性がかかりやすい病気も「女性特有の病気」として考えられています。

具体的には甲状腺疾患、貧血、関節リウマチ、下肢静脈瘤、胆のう炎、胆石症、膀胱炎、腎結石、尿管結石などです。

 

さらには妊娠・出産の合併症なども「女性特有の病気」に含まれます!!

具体的には帝王切開、流産、妊娠中毒症などです。

 

特約で保険料を節約できる

 

私が「女性疾病特約」をおすすめする理由は保険料を節約できるからです。

日額1万円の医療保険に入るより・・・

日額5千円の医療保険に女性疾病特約で5千円上乗せした方が、支払う保険料は安くなります!!

 

 

女性特有の病気でしか保険金が上乗せにならないことが欠点ですが・・・

保険会社によって「女性特有の病気」の幅は違います。

適用される病気の幅が広い保険に入れば、ほとんどの病気を特約でカバーできるのです。

 

ちなみに私たちハロー保険の取り扱っている医療保険は適用の幅が広いですよ!!

そういった意味もあって私は「女性疾病特約」をおすすめしています。

 

妊娠・出産する人は特に必要

 

女性は元気な方でも必ず病院のお世話になるときがあります。

それは妊娠・出産のときです!!

 

 

特に最近、帝王切開で出産をされる方が増えています。

なんとここ20年で帝王切開での出産は約2倍に増えているのです!!

 

今や赤ちゃんの5人に1人は帝王切開で生まれているんですよ。

参考:厚生労働省:平成22年度我が国の保健統計

 

ちなみに私の長男は逆子でした。

当時は逆子体操なんかをやり、一生懸命それを直してから自然分娩に向かった記憶があります。

 

その結果、なんとか出産できたものの赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いており・・・

出産時間が長引いていたら赤ちゃんが亡くなっていたかもと助産師さんから説明を受けました。

 

今はこういった母子に及ぶ危険を考えて、逆子であれば帝王切開で出産することが多いそうです。

 

 

私のお客さまでよく保険を使われるパターンの1つがこの「妊娠・出産」です。

自然分娩は病気ではないので保険金は出ませんが・・・

帝王切開は手術なので保険金がしっかりと出ます!!

 

また妊娠途中はどんなに健康な女性でも入院や手術を余儀なくされるもの・・・

それは出産というものが女性にとって「命がけの作業」であるからです!!

大昔からそれは変わることなく、産む母も産まれる子も命がけでがんばります。

 

「女性疾病特約」を付けていればこういった妊娠・出産のリスクにも対応できるのです。

 

まとめ

 

「女性疾病特約」は必ず付けなければいけないものではありません。

しかしそれを付けていると手厚い保障が受けられるほか、妊娠・出産で役立つ可能性もあります。

「自分はいつか子供がほしい」と考えている女性の方はぜひ検討してみてください。

 

ちなみに私のように、50代をむかえ「出産・妊娠とはもう縁がないよ~」と言われる方へ。

今の女性疾病特約はすべてのがん・心臓病・脳疾患など、加齢とともにリスクが高まる病気にも幅広く対応するものがあります。

なのでそういった方も今一度、医療保険の見直しを考えてみると良いでしょう。