学資保険いつ入るべき?有利な加入日と満期日はこれだ!

倉見栄美

 

「学資保険っていつから入るべきですか??」

「いつを満期に設定したら良いのでしょう??」

お客さまからよく、このように聞かれます。

 

学資保険は将来の学費に備えるための保険なので・・・

必要な額を必要な時期にしっかりと受け取れることが重要になってきます。

今日は少しでも有利になるような加入と満期のタイミングを教えましょう!!

 

学資保険はいつ入るべきか

 

もし、すでに学資保険に加入することを決めているのならば・・・

赤ちゃんがおなかにいる時点(妊娠中)で入るのが一番かしこいです。

なぜなら、早く加入するほど月々の保険料が安くなるから!!

 

 

保険料の金額を決める大きな要素は「年齢」です。

基本的に同じ保障内容なら、保険は若いときに加入した方が安くなります。

なぜなら、若いときは病気や死亡するリスクが少ないから!!

 

つまり保険加入をすでに決めているなら、年齢が上がらないうちに手続きすべきです。

 

また保険に限らず、お金を積み立てる商品は期間が長いほど支払いが楽になります。

同じ金額を準備するのに、5年積立か10年積立かで月々の支払いは倍変わってくるのです!!

早く積立を開始すれば、その分だけ積立期間が長くなって月々の掛け金は安くて済みます。

 

 

そのほか金額面以外でも、妊娠中に学資保険へ入ることは様々なメリットがあります。

参考:学資保険は子供が生まれる前から入れる!そのメリット4つ

もし学資保険への加入をすでに決めているなら、妊娠中に手続きしちゃいましょう!!

 

また、すでにお子さんがおられるなら早めに手続した方が良いです。

早ければ早いほど、条件は有利になります。

ちなみに子供の年齢が7歳を超えると、多くの学資保険は受付してもらえなくなりますよ!!

 

学資保険の満期はいつにすべきか

 

学資保険の満期は15歳・18歳・20歳・22歳と様々な設定ができますが・・・

やはり、18歳(高校3年生)に設定するのが最も一般的で良いです。

なぜなら18歳は以下のように、大学入学に備えて多額のお金がかかってくる時期だから!!

 

daigaku_toudai

 

・受験する大学に払う受験料

・受験にかかる宿泊費や交通費

・アパートにかかる敷金礼金や家賃

・新生活にかかる生活用品費

・入学する大学の入学金や授業料

・自動車の購入費や免許の取得費

参考:学資保険の平均金額(相場)|月々いくら払って何万円貯める?

 

ちなみに、これらの出費が一番集中する時期は10~12月です。

なので、それまでにはお金を準備しておきたいところ。

 

しかしここで注意すべきは学資保険の満期日です!!

多くの学資保険の満期日は以下のようになっています。

「お子さんが18歳になった後に迎える最初の契約応答日」

 

つまり子供が早生まれで2月や3月生まれの場合・・・

一番お金がいる10~12月には、まだお金がもらえないことになるのです!!

 

 

そういった場合に備えて、17歳を満期に設定できる学資保険などもあったりします。

したがって早生まれの子は、17歳を満期とできる商品が良いでしょう。

 

また妊娠時期に学資保険に加入すれば、満期を早めることもできます。

そういった意味においても、妊娠時から学資保険を検討するのが良いです。

 

さらには15歳で払い込みを終えて、18歳まで据え置くという方法もあります。

こうすると、高校入学時までに積立をすべて終えることができるのです!!

 

そうすれば、お金がかかってくる高校の時期にいくらか余裕が生まれるでしょう。

早めに支払いを終えてしまい、後で楽をするという作戦です。笑

 

まとめ

 

学資保険の加入は早ければ早いほど月々の支払いが楽になります。

また満期の設定はお金が一番かかる時期である「18歳」とするのが一般的です。

 

ちなみに、子供が15~18歳になるまでにお金を貯めることを目的とするなら・・・

下のブログで書いたように、学資保険より生命保険を使う方がおすすめです!!

参考:学資保険は必要ない!教育費は生命保険で貯金すべき理由8つ

 

この方法なら、加入と満期のタイミングを自由に設計することができますよ~