30秒でわかるハロー保険

学資保険で一時払いと全期前納の違いは?デメリットを比較

 

「一時払いと全期前納の違いって何ですか??」

学資保険を考えているお客さまから、たまに聞かれる質問です。

 

学資保険の保険料は、色々な方法で支払うことができます。

一番多いのは「月払い」ですが、「年払い」や「一括」だって可能です。

 

そして「一括」で支払う方法はさらに、「一時払い」と「全期前納」に分かれます。

では、これらの違いっていったい何なのでしょう??

今日はそれぞれの特徴や、デメリットについて書いていきます。

 

保険料はまとめるとお得

 

これは学資保険に限らず、保険全般に言えることですが・・・

保険料はまとめて払った方が、金銭的にお得です!!

 

 

月払いよりも年払い、年払いよりも一括払いする方が有利になります。

保険料の支払総額が少なくなったり、戻ってくる満期金が大きくなったりするのです。

 

一時払いと全期前納の違い

 

したがってお金に余裕のある方は、学資保険の一括払いを検討されます。

なぜならその方が、返戻率(利回り)が良くなるからです。

 

 

しかし上記の通り、一括払いにも「一時払い」と「全期前納」の2種類があります。

これらの違いは、以下の通りです。

 

一時払い

全期間の保険料をまとめて、保険会社に支払います。

保険料の支払いは、その1回で終了です。

 

全期前納

全期間の保険料をまとめて、保険会社に預けます。

保険会社はその預かったお金から、毎年保険料を受け取ります。

 

保険料を一括で保険会社に渡すのは一緒ですが、その後の処理がちょっと違うのです。

ではこの違いによって、いったいどのような差が生まれるのでしょうか??

「一時払い」と「全期前納」を比べたときのデメリットを、それぞれ見ていきましょう!!

 

一時払いのデメリット

 

まず、「一時払い」のデメリットを考えていきましょう。

ここで書くことは逆に、「全期前納」ではメリットになります。

 

1.保険料が免除にならない

 

 

学資保険には「払込免除」という、大きな利点があります。

これは、契約者である親御さんがなくなった場合・・・

それ以後の保険料は支払わなくても、満期金がもらえるというものです。

 

しかし一時払いの場合、この利点はなくなってしまいます。

なぜならすでに保険料を全額払い済みで、免除するものが何もないからです。

これが「全期前納」だと預けている保険金のうち、まだ払い込まれてない部分が返ってきます。

 

2.生命保険料控除が1年のみ

 

 

学資保険に保険料を支払っていると、生命保険料控除が使えて税金が安くなります。

ただし「一時払い」の場合、控除を受けられるのは支払いを行った年だけです。

高額な保険料を払っても控除額には上限があるので、ほとんどがムダになります。

 

しかし「全期前納」の場合は、毎年少しづつ保険料を支払っていく形です。

したがって払い込みが終了するまで、毎年控除を受けることができます。

 

生命保険料控除の詳しい説明については、下のブログを参考にしてください。

参考:扶養家族の分も対象!生命保険料控除で税金を安くする方法

 

全期前納のデメリット

 

次に、「全期前納」のデメリットを考えていきましょう。

ここで書くことは逆に、「一時払い」ではメリットになります。

 

1.利回りが落ちる

 

 

「全期前納」は「一時払い」より、利回りが落ちます。

なぜなら「全期前納」のお金はあくまで預けているだけで、運用はされないからです。

保険料は毎年少しずつ支払われ、そこから運用が始まります。

 

それに対し「一時払い」は、学資保険の返戻率が最も高くなる支払方法です。

保険会社は最初から大きなお金を運用できるので、効率が良いのですね。

なので、満期後に返ってくる金額は「全期前納」より大きくなります。

 

どちらを選ぶべきか

 

個人的には、「全期前納」の方がお得だと考えます!!

学資保険の一番の利点は、親御さんに万が一のことがあったときの保険料免除です。

これがなくなる「一時払い」では、学資保険に入る意味が薄れてしまいます。

 

 

ただし、払込期間中に親御さんが亡くなるようなことってほとんどありません。

しかもそのような場合は、あらかじめ生命保険などで準備されている方が多いでしょう。

 

そう考えると、割り切ってより利回りの良い「一時払い」を選択するのもアリですね。

ご自身の考えに合った方法を選んでください。

 

まとめ

 

学資保険の保険料を一括で支払う方法は、「一時払い」と「全期前納」の2種類があります。

同じように大きな金額を保険会社に支払いますが、その後の処理がちょっと異なります。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり認識し、自分に合った方法を選びましょう!!

 

ちなみに、子供が15~18歳になるまでにお金を貯めることを目的とするなら・・・

下のブログで書いたように、学資保険より親御さんの生命保険を使う方がおすすめです!!

参考:学資保険は必要ない!教育費は生命保険で貯金すべき理由8つ