学資保険の受取人は子供?契約者・被保険者・受取人の違い

pexels-photo-63458

倉見栄美

 

「学資保険の保険金受取人って子供になるんですか??」

お客さまからたまにこんな質問を受けます。

 

子供の教育資金のために加入する学資保険ですが・・・

通常、保険金の受取人が子供になることはありません。

今日は保険申込の際に必ず出てくる「契約者」「被保険者」「受取人」の違いについて詳しく書いていきましょう。

 

保険にかかわる3者

 

学資保険に限ったことではありませんが・・・

保険に入る際には「契約者」「被保険者」「受取人」の3者を必ず決めなければいけません。

それぞれの違いは以下の通りです。

 

契約者

 

couple_baby_dakko

 

契約者とは保険を契約して保険料を支払う人です。

その保険に関する様々な権利を持ちます。

例えば保険内容の変更などは契約者じゃないとできません。

 

学資保険の場合、契約者は必ず親となります。

それは親が死亡した場合に以後の保険料が免除になるなどの保障があるからです。

また学資保険によっては親の年齢制限があるので注意してください。

 

被保険者

 

baby_yubi_syaburi

 

被保険者とは保険の対象となる人です。

「保険をかけられる人」と言ってもいいかもしれません。

 

学資保険の場合、被保険者は必ず子供になります。

その子供が一定年齢に達すると満期保険金が支払われるのです。

 

受取人

 

family_big

 

受取人とは保険金を受け取る人です。

契約者が指定することができます。

 

学資保険の場合、通常は契約者である親が受取人となります。

実際に授業料などの教育費を支払うのは親だからです。

 

しかし子供や別の親族を受取人に指定することも可能です。

その場合は贈与税がかかってくる可能性があるので注意してください。

参考:生命保険の非課税枠を使ってあなたの相続税をゼロにする方法

 

離婚したときにモメる

 

学資保険の受取人でモメるのは離婚したときです。

 

mushi_kids

 

離婚したとき、子供の親権はお母さんが取ることが多いですが・・・

準備してきた学資保険の契約者などが以下のようになっていたらどうでしょう??

 

契約者:お父さん

被保険者:お子さん

契約者:お父さん

 

これだと満期保険金はお父さんに支払われることになります。

 

お母さんとしては受取人を自分に変更したいところですが・・・

それも契約者であるお父さんに手続きしてもらわなければいけません。

 

無用なトラブルを避けるためには離婚手続きの際に学資保険についても話し合うことです。

名義変更をして自分を契約者にしたり・・・

受取人を自分に変更してもらうと良いでしょう。

 

ただし自分が契約者になった場合、その後の保険料は自分で払っていかなければいけません。

そういったことも考えたうえで最良の手続きを取ってください。

参考:離婚したら子供の保険を親権者に名義変更すべき大切な理由

 

まとめ

 

学資保険に加入する際、「契約者」「被保険者」「受取人」を決めなければいけません。

「受取人」は子供になると勘違いしがちですが、契約者である親とするのが普通です。

学資保険の受取人は離婚したときにトラブルとなりやすいことを知っておきましょう。

 

ちなみに、子供が15~18歳になるまでにお金を貯めることを目的とするなら・・・

下のブログで書いたように学資保険より親御さんの生命保険を使う方がおすすめです!!

参考:学資保険は必要ない!教育費は生命保険で貯金すべき理由8つ