30秒でわかるハロー保険

台風や熱割れで家の窓ガラスが割れた!火災保険を請求できる?

 

家の窓ガラスが割れたら、皆さんどうしますか??

「大した金額じゃないから」と、自分で修理される方も多いでしょう。

 

割れた原因にもよりますが、実は家のガラスを火災保険で直すことが可能です!!

どのような事故で補償されるのか、保険で直すときに注意すべきことは何か・・・

今日はそれらについて、くわしくお伝えします。

 

火災保険は火事だけじゃない

 

 

火災保険はその名前から、火事だけにしか使えないと考えられがちです。

しかし契約内容によっては、自然災害・盗難・破損などで被害を受けた場合でも補償の対象になります!!

 

たとえば、東京海上日動の火災保険パンフレットを見てみると・・・

火災のほかに風災や水災など、様々なリスクに対応していることが分かるでしょう。

 

参考:トータルアシスト住まいの保険 | 東京海上日動火災保険

 

これは何も、東京海上日動だけではありません。

一般的な火災保険の補償内容は、どこの保険会社もほぼ同じです。

 

火災保険が適用できる例

 

 

そして以下のような形で窓ガラスが割れた場合、それは火災保険で直せる可能性があります。

 

風災リスク

 

・台風の風圧で窓ガラスにヒビが入った

・突風で物が飛んできて窓ガラスが割れた

 

盗難水漏れ等リスク

 

・泥棒が窓ガラスを割って侵入した

・車が家に衝突して窓ガラスにヒビが入った

 

破損リスク

 

・よろけて窓ガラスに当たりヒビが入った

・子供がボールを当てて窓ガラスが割れた

 

もちろん契約している火災保険の内容が、これらのリスクに対応していることが条件になります。

 

熱割れは対象外

 

 

ただし、「熱割れ」は火災保険の対象外となっています!!

「熱割れ」とは、太陽光の熱によってガラスが割れる現象のことです。

 

日光が直接当たる部分は高温となり、ガラスが膨張しますが・・・

周辺部はサッシに隠れているので、日射を受けず低温のまま膨張しません。

するとガラスの一部分だけムリに力が加わることになり、ヒビが入ったりしてしまうのです。

 

火災保険の約款には、「ガラスの性質によるひび割れは除きます」と載っています。

したがってこの熱割れは、保険支払いの対象外です。

 

免責金額に注意

 

 

ただ火災保険で窓ガラスを修理する場合に、気を付けなければいけないことがあります。

それは、「免責金額」を設定しているかどうかです!!

 

「免責金額」とは修理費のうち、自分自身が負担する金額(自己負担額)のこと。

火災保険の契約によっては、「5万円までは自己負担でお願い」みたいな条件が付いています。

 

したがって、支払われる保険金は以下のような式で計算されるのです。

保険金 = 損害額(修理費)- 免責金額(自己負担額)

 

たとえば、免責金額が5万円だったとして・・・

損害額が6万円ならば、5万円を引いた1万円が受け取れます。

しかし損害額が5万円だと、1円も受け取ることができません。

 

つまり損害額が免責金額を越えないと、保険金はゼロなのです!!

 

火災保険に加入する際に多くの人は、免責金額を3万円とか5万円に設定しています。

そうした方が、保険料が安くなりますからね~

 

そして窓ガラスの修理費は、3~5万円で済む場合がほとんどでしょう。

したがって免責金額を5万円とかに設定していると、火災保険の出る幕がないのです。

 

ガラスの種類によっては有効

 

 

しかし最近の家は、色々な種類のガラスを使用しています。

そして高価なものになると、修理に何十万とかかる場合もあるのです!!

そんなときは、保険で直した方が絶対に良いでしょう。

 

たとえば最近の省エネ住宅では、ペアガラス(複層ガラス)が使われています。

これは2枚のガラスの間に空気を入れ、断熱性を高めた窓ガラスです。

中には金属膜をコーティング処理するものもあり、その価格は通常の窓ガラスよりもずっと高くなります。

 

また凝ったデザインの家だと、壁一面に大きな窓ガラスを使っていたりするでしょう。

当然ですが、大きくなるほどガラスの値段も高くなります。

下の写真のような窓ガラスが割れたら、1枚10万円以上の支出が発生してしまうのです。

 

pexels-photo-189295

 

他の被害がないか調べてみる

 

 

「うちのガラスは普通だから・・・」と、保険請求をあきらめるのはまだ早い!!

そのような方は、他にも被害が出ていないかを注意深く確認してみましょう。

 

たとえば、ものすごい台風で窓ガラスが割れた場合・・・

被害は窓ガラスだけではなく、屋根などにも及んでいるかもしれません!!

参考:家の雨漏り修理で火災保険を請求できるか?補償の条件は風災

 

そういった場合は、両方あわせて保険金を請求してみるのです。

屋根の修理費なんかも含めると、免責金額は軽々と超えるでしょう。

すると窓ガラスもあわせて、保険で修理できるようになります。

 

免責はゼロがおすすめ

 

 

少し前に、「雪で瓦(かわら)が3枚壊れた」というお客さまがいました。

修理代を見積もってみると、総額で28000円。

 

その方は、自己負担額(免責金額)をゼロとしていたので・・・

28000円をそのまま、お支払いすることができました。

 

家周りで数万円という小さな修理が必要になる事態って、実はけっこうあります。

しかも火災保険は、自動車保険みたいに「使ったら保険料が上がる」ということはありません!!

したがって私は個人的に、免責ゼロの充実プランをお客さまにおすすめしています。

 

火災保険を見直すなら

 

 

免責ゼロのプランなど、火災保険の見直しなら私たちハロー保険にご相談ください!!

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人に合った火災保険を提案します。

 

遠方だったり相談に行く時間のない方は、ネットの「火災保険一括見積もりサービス」が便利です!!

参考:保険の窓口インズウェブ【無料】火災保険一括見積もり

 

3分ぐらいで簡単に入力が完了し、一度に最大14社の見積もりを無料で取れます。

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、一番安い保険を見つけられますよ。

 

まとめ

 

家の窓ガラスが割れた場合、その修理額を火災保険でまかなえる可能性があります。

しかし免責金額(自己負担額)を設定している人は保険金が出ないかもしれません。

火災保険は使っても保険料が上がることはないので、免責ゼロの充実プランがおすすめです!!

 

火災保険に加入している方へ

 

あなたが払っている火災保険の保険料、実は割高ではありませんか??

下の記事をチェックして、あなたの火災保険の適正相場を調べてみましょう!!

参考:火災保険10年でいくら払ってる?保険料の平均相場を知る方法

募集文書番号:17-T00347(2017年4月作成)