家族限定の自動車保険は別居の家族(子供)にも適用される?

1280px-newly_weds_and_grandparents_333020891

専務取締役 森原 真

 

「家族限定の自動車保険は別居の子供も運転できますか??」

よくお客さまから聞かれる質問です。

 

鳥取ではお子さんが大学や仕事などで県外に出ていることが多いでしょう。

その子供たちが盆や正月で鳥取に帰ってきたとき・・・

実家の車を運転できないのは何かと不便ですよね。

 

実は別居の子供は保険適用になるケースとならないケースがあります。

今日はそれぞれのケースについて詳しく書いていきましょう。

 

家族限定とは

 

車を運転する人を限定すると保険料が安くなる特約が自動車保険にはあります。

限定の方法は「本人・夫婦限定」「家族限定」の2種類です。

 

保険料を少しでもおさえるためにこの特約を利用している人は多いでしょう。

参考:あなたはいくつ知ってる?車の保険料金額を決める要素8つ

 

でも「家族限定」の範囲ってちょっと分かりずらいですよね。

どこまで家族としてみてもらえるのか・・・

特に別居している場合はどうなるのか判断が難しい!!

 

具体的にはどういったケースがオッケーになるのでしょうか??

 

家族限定の範囲

 

家族限定の範囲は以下の通りです。

 

家族限定
被保険者・・・① 対応
①の配偶者・・・② 対応
①または②の同居の親族 対応
①または②の別居の未婚の子 対応
上記以外の方 未対応

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/inquiry/faq/auto/faq_01025.html

 

上の表を見れば分かる通り、別居の子供でも「未婚」であれば運転できます。

具体的には以下のような感じです。

 

運転できる別居の子供の条件

 

・今まで結婚したことがない

 

運転できない別居の子供の条件

 

・結婚している

・結婚していたが離婚した

 

つまり婚姻歴があるかどうかが分かれ目になります。

1回でも結婚していれば現在独身でも補償の対象にはなりません。

 

年齢条件は変更しなくて良い

 

別居の子供の場合は年齢条件に関わらず補償の対象となります。

 

例えば「家族限定で35歳以上補償」にしていたとして・・・

別居している未婚の子は35歳未満でも運転できるのです!!

なので子供が実家に帰ってくるのに合わせてわざわざ年齢条件を変更する必要はありません。

 

同居なら結婚しててもOK

 

ちなみに同居している場合は婚姻歴の有無にかかわらず子供は補償の対象になります。

例えば以下のような方は家族限定で運転できるのです。

 

・結婚後も同じ家で暮らしている子供

・離婚して家に戻ってきた子供

 

しかし同居の子供の場合は年齢条件をしっかりと合わせておかなければいけません。

ややこしいですね。笑

 

住民票を移す必要はなし

 

よくお客さまから以下のように聞かれます。

 

「息子は県外の大学に行って別居してるんだけど住民票は鳥取だ」

「この場合は別居と見なされないんじゃないか」

 

大丈夫です。

実際に別々の家で住んでいるなら、住民票を移していなくても別居と見なされます。

なので実家へ帰ってくるときにわざわざ年齢条件を変更する必要はありません。

 

ハロー保険なら電話1本

 

たとえば普段は「本人・夫婦限定」にしておいて・・・

お子さんが実家に帰ってくるときだけ「家族限定」にするという技があります。

そうすれば最低限の保険料で家族みんなが保険で守られるのです。

 

ハロー保険では電話1本でその日から即、限定範囲を変えることができます。

お子さんが帰省されるときにはぜひご利用ください。

 

まとめ

 

家族限定の場合、別居の子供でも車の運転をすることができます。

しかしそのお子さんが今まで一度も結婚していないことが条件です。

年齢条件に関わらず補償の対象となるので、わざわざ年齢条件を変更する必要はありません。