意外と使える!自動車保険に弁護士費用特約が必要な理由

hammer-719061_1280

専務取締役 森原 真

 

自動車保険には「弁護士費用特約」というものを付けることができます。

もしものときに弁護士を無料で利用できるサービスです。

 

「事故したら保険の担当者が対応してくれるのにこの特約って必要??」

「交通事故で裁判になることなんてそんなにないのでは??」

 

そう考えて外してしまいがちな特約ですが・・・

実はこれ、けっこう使えるサービスなんですよ!!

今日は自動車保険の弁護士費用特約について詳しくお話ししましょう。

 

弁護士費用特約とは

 

弁護士費用特約とは自動車事故の交渉や相談を弁護士に依頼した場合、その費用を保険会社が補償してくれるものです。

これを付けていたら本人だけではなく家族もその補償を受けることができます。

 

補償限度額は300万円までというのが多いです。

ちょっとした交通事故の賠償問題であれば十分にまかなえる金額でしょう。

 

弁護士費用特約が使われるパターン

 

この特約を使うパターンとしては「もらい事故」が多いです。

「もらい事故」とはこちらがまったく悪くない(相手が100%悪い)事故のこと。

例を挙げると以下のようなものです。

 

・停車中に追突された

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

・自宅の塀を壊された

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

 

・信号無視でぶつかってきた

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

 

ではなぜ「もらい事故」のときは弁護士費用特約を使うことが多いのか??

それは自分の保険担当者に交渉の代行をお願いすることができないからです。

 

もらい事故の場合は相手が100%悪いので自分の保険を使うことがありません。

すると自分の保険担当者を交渉に出すことができないのです!!

これはもう法律でそのように決まっています。

 

したがって「もらい事故」の場合は自分が相手の保険担当者と交渉しなければいけません。

そんなときに「弁護士費用特約」を使えば弁護士に交渉の代行をお願いすることができるのです。

 

ちなみに自動車保険の賠償事故のうち「もらい事故」の割合は約3件に1件!!

「もらい事故」の被害者になることってけっこう多いんです・・・

 

弁護士に交渉を任せるメリット

 

「もらい事故」の交渉を弁護士に代行してもらうメリットはたくさんあります。

代表的なのは以下の3つです。

 

1.ケガの治療に専念できる

 

もらい事故でケガをした場合、治療を受けながら事故の交渉を行うことになります。

これは肉体的にも精神的にもツラいですよね・・・

弁護士に交渉をお願いすれば自分はケガの治療に専念することができます。

 

2.日常生活のジャマにならない

 

ケガをしていなくても事故の交渉は面倒くさいものです。

平日の昼間に何度も電話がかかってきたり、裁判所に行ったりしなければいけません。

そこを弁護士にお願いできればジャマを受けることなく仕事や家事ができるのです。

 

3.賠償金が増える可能性あり

 

相手は交渉のプロなので場合によっては良いように言いくるめられることがあります。

しかしそこを弁護士さんにお願いすれば適正な金額でキッチリ交渉を行ってくれるのです。

したがって自分で交渉するよりももらえる賠償金が増えるかもしれません。

 

まとめ

 

必要ないと考えられがちな「弁護士費用特約」は意外と使えるサービスです。

「もらい事故」で相手と直接交渉しなければならないときなどにとても重宝します。

自分で交渉するより弁護士さんにお願いする方がメリットたくさんありますよ。

 

「私って弁護士費用特約を付けてたっけ??」というお客さまは私たちハロー保険にお気軽にお問い合わせください!!