30秒でわかるハロー保険

保険は2種類!掛け捨て型と積み立て型(貯蓄型)のメリット比較

 

「掛け捨て型と積み立て型って、どっちが良いですか??」

保険を検討しているお客さまから、よく聞かれる質問です。

 

実はそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

そしてどちらが良いかは、アナタの考え方や状況によって変わってくるのです!!

今日は掛け捨て型と積み立て型(貯蓄型)の特徴について、くわしく書いていきましょう。

 

保険のタイプは2種類

 

 

保険には大きく、以下2つのタイプがあります。

 

1.掛け捨て型

月々の保険料が少ないが、払った保険料は戻ってこない

 

2.積み立て型(貯蓄型)

月々の保険料は高いが、満期を迎えるとお金がもらえる

 

「なんか掛け捨て型は、損をしている気がする」

「最終的に戻ってくるなら、貯蓄型の方が良いかも」

 

もしかしたら、そう思われている方も多いのではないでしょうか??

しかし、「掛け捨て型が損」とは一概に言えません。

掛け捨て型と積み立て型、それぞれのメリットを見ていきましょう。

 

掛け捨て型のメリット

 

1.保険料が安い

 

 

掛け捨て型の保険は、月々の保険料が安いです!!

「保険に回すお金をなるべく少なくしたい」という方には、もってこいでしょう。

 

2.種類が豊富

 

 

掛け捨て型の保険は、種類がたくさんあります!!

商品自体もシンプルで分かりやすいので、自分に合った保険を選びやすいです。

 

3.途中解約しやすい

 

 

掛け捨て型の保険は、いざというときに解約がしやすいです!!

解約返戻金がもともとないので、「損した」という気持ちになりません。

 

積み立て型のメリット

 

1.お金が戻ってくる

 

 

積み立て型の保険は、支払った保険料がいくらか返ってきます!!

契約を解約したときには返戻金、期間を満了したときには満期金を受け取れるのです。

 

2.保険料が変わらない

 

 

積み立て型の保険は、保険料がずっと変わりません!!

将来にわたって保険料が一定なので、人生設計が立てやすくなります。

 

3.控除額が大きい

 

 

積み立て型は、税金の控除が大きくなります!!

保険料が大きい分、生命保険料控除などに使える金額も大きいのです。

参考:扶養家族分も含めて節税!生命保険料控除で税金を安くする方法

 

掛け捨て型を選ぶべき人

 

上記のメリットを考えると、掛け捨て型を選ぶべき人は以下のようになります。

 

1.一時的な保障が必要な人

 

 

「子供が大きくなるまでは大きな保障を安くで準備したい」という人は、掛け捨て型が良いです。

積み立て型に入って途中解約するより、保険料を安くおさえることができます。

 

2.自分で貯金をしたい人

 

 

自分でシッカリと貯金ができる人や、自分で資産運用をしたい人は掛け捨て型が良いでしょう。

保障だけを掛け捨て型で持っておいて、貯金部分は自分でコントロールすることができます。

 

積み立て型を選ぶべき人

 

また積み立て型を選ぶべき人は、以下のようになります。

 

1.一生涯の保障が必要な人

 

 

葬式のお金など絶対に必要になってくるお金は、積み立て型で準備するのが良いです。

掛け捨て型だと自分が死ぬまで更新せねばならず、そのたびに保険料が高くなります。

 

2.お金を貯められない人

 

 

自分で貯金できない人は、満期金が受け取れるような積み立て型が適しています。

強制的に口座から引き落とされますし、解約に手間がかかるので引き出しにくいです。

ただし中途解約のデメリットは、きちんと確認しておく必要があります。

 

まとめ

 

保険には大きく、「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の2種類があります。

それぞれメリットがあり、アナタの考え方や状況によってどちらを選ぶべきか変わってくるのです。

今回のブログを参考に、あなたにピッタリの保険を選んでみてください!!

 

鳥取県外の方へ

 

鳥取県外にお住みで、私たちハロー保険へ相談に来れないというお客さまへ。

口コミ評判の高い無料保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください!!

参考:おすすめの無料保険相談窓口は?口コミサイト15つで統計取った