新しい事務所はギャラリー付き!ハロー保険は移転しました

代表取締役 森原 義博

 

ハロー保険はこのたび移転しました!!

新しい事務所はジャスコ鳥取北店へ行く道沿いにあります。

以前より分かりやすいところに移りましたよ。

 

また新しい事務所にはギャラリーを作りました!!

なんだか保険代理店らしからぬ感じです。笑

今日はそんな新しい事務所の紹介をさせていただきます。

 

誰もが使いやすく

 

お店は誰もが気持ちよくご利用いただけるよう・・・

バリアフリーやプライバシーに配慮して作りましたよ!!

 

入り口はもちろん、建物内もすべて段差をなくしました。

 

 

トイレは分かりやすいよう、かわいいマークを付けています。

そして多目的トイレを一番手前の方に置きました。

 

 

多目的トイレは電気・便座・水道など、すべて自動となっています。

大きくスペースを取っているので、車いすでも楽々入れますよ!!

 

 

オムツ交換台やベビーチェアも設置しているので、小さなお子さま連れでも安心です。

 

 

また外から見えない場所に個室を4つ作っています。

 

 

誰にも見られることなく、保険の相談などをしていただくことが可能です。

 

 

ギャラリー付き

 

そして特筆すべきは入り口部分です。

なんと、絵画を飾ったギャラリーとなっています!!

 

 

いただいたお花や植木たちのおかげで、とても華やかな雰囲気です。

お祝いをしてくれた皆さま、本当にありがとうございます!!

 

 

このギャラリーの奥が事務所です。

 

 

ギャラリーを作った理由

 

私がギャラリーを作った理由は父親の最後の願いを叶えるためです!!

 

自分がまだ子供だったころ、私は父親が大嫌いでした。

 

夜遅くまで飲んだくれて、家にまったく帰ってこない・・・

家のことはほったらかしで、すべてを母親に任せる・・・

 

家の窓ガラスを全部割るような大ゲンカもしましたよ。笑

 

しかしそんな父親からこの仕事を引き継いで、ふと気づいてみてみると・・・

自分自身も父親のようになっていたのです!!

 

お客さまに入れ込むほど、家に帰れない日々が続き・・・

妻と子供に大変な迷惑をかけてしまっていました。

 

それと同時に、当時の父親のツラさがよく分かるようになったのです。

 

「お金は残してくれなかったけど、たくさんのお客さまを残してくれた」

そんな父親を大切にしなきゃという思いがフツフツとわいてきました。

 

そんなときです。

父親が脳こうそくで倒れました!!

 

誰もが最悪の事態を考える中・・・

入院先のベッドの上で、父親は私にこう言ったのです。

「ワシが死んだら、ワシの絵を使って展示会をしてくれ」

 

そう、父親は若いときから趣味で絵を集めていました。

その自慢の絵画たちを飾ってほしいというのが父親の最後の願いだったのです。

 

幸い命に別状はなく、父親は無事に退院することができたのですが・・・

そのとき、私は以下のように考えました。

 

「父親がまだ生きているうちに展示会をしてやろう」

「お金がいくらかかっても父親の願いを叶えてやりたい」

 

そこで新しい事務所にギャラリーを併設することにしたのです!!

このギャラリーには、父親が何十年もかけて集めてきた絵画たちが飾ってあります。

 

最後に

 

私はこのギャラリーを使って、鳥取の皆さまと触れ合いの場を作っていきたいです!!

 

将来的には地元の方が描いた絵や、地域の人が撮った写真なんかを飾って展示会をやったり・・・

絵画教室や手芸講座なんかを開いて、鳥取の方にアートを楽しんでいただきたいと考えています。

 

田舎に住んでいるお客さまのところに行くと、よくこんな風に言われるんですよ。

「今日は月に1度のイオンに行く日だからワクワクしてる」

そういった日に、気軽に立ち寄れるような場所をこれから作っていきたいです。

 

今後とも、私たちハロー保険をよろしくお願いします!!

 

新しい事務所の場所

 

 

ジャスコ鳥取北店の近くにあるUFO交差点の手前がわです。

お菓子のもち吉さんと釣り具のポイントさんの間にあります。

「ハロー保険」の大きな看板を目印に来てください!!