火事が隣家に延焼(類焼)!火災保険で賠償金は補償される?

代表取締役 森原 義博

 

万が一火事を出した場合、心配なのは延焼して隣近所に迷惑をかけてしまうことではないでしょうか??

自分のせいで自分の家が焼けてしまうのは仕方ないとしても・・・

何も悪くないご近所さんの家まで焼いてしまったらとても申し訳が立ちません!!

 

今日は隣家に延焼させてしまったとき、賠償する必要があるのかについてお話しします。

またそういったときに火災保険が役に立つのかについてもお伝えしましょう。

 

延焼は賠償しなくても良い

 

実は隣家を焼いてしまったとしても、原則として賠償する必要はありません!!

 

 

火事による賠償については「失火の責任に関する法律(失火法)」という特別な法律があり・・・

火元に故意または重大な過失がないかぎりは賠償しなくても良いことになっています。

参考:よくあるご質問 – 東京海上日動火災保険

 

これ、不思議に思いませんか??

なぜ自分のせいで何も悪くない隣家を焼いてしまったのに賠償しなくても良いのでしょう??

 

延焼を賠償しなくても良い理由

 

この「失火法」が制定されたのは明治時代です。

その当時は木造で隣近所が連なっている家がたくさんありました。

今でいう京都の長屋みたいな感じですね。

 

 

こんな状態で火事を出すと隣家への延焼は避けられません。

ただでさえ自分の家が焼けて大変な状況なのに・・・

そこへさらに隣家への賠償も重なると生活再建ができなくなります!!

 

そこで故意や重大な過失でない限り責任を負わなくても良いという法律ができたのです。

火事はどんなに気を付けていても起こり得ることですからね。

 

重大な過失の具体的な事例

 

では具体的に「重大な過失」とは何を指すのでしょう??

どんな原因で火事を出したら賠償責任が発生してくるのでしょうか??

 

 

重過失として過去に認定された事例には以下のようなものがあります。

 

・天ぷらをあげたまま台所を離れた

・電気コンロをつけたまま眠った

・寝ながらタバコを吸った

 

逆に重過失として認められなかったものは以下のようなものです。

 

・ベットからずり落ちた布団にストーブの火が点火した

・仏壇(ぶつだん)のロウソクが倒れて失火した

・コンセントにたまっていたホコリに引火した

 

参考:失火(火事)の損害賠償請求裁判

 

これらは必ずしもこうなるというわけではありません。

そのときの状況などによって裁判所の判断は変わってくるでしょう。

 

もし損害賠償を請求されたら

 

ではもし自分の家が「重大な過失」によって火事になって隣家に延焼させ・・・

隣家から損害賠償を請求されたらどうすれば良いのでしょうか??

 

 

そのときは火災保険に特約として付けることができる「個人賠償責任保険」が役に立ちます!!

これは他人をケガさせたり、他人の物を壊したときに助けてくれる保険です。

 

火災保険だけでなく自動車保険などにも特約として付けることができます。

保険料が安く、また1つ持っておけば家族全員が守られるのでおすすめですよ!!

参考:子供の物損にたった100円で備える!個人賠償責任保険とは?

 

その他の保障

 

しかしいくら「重大な過失」ではなく、責任を負わなくても良いと言われても・・・

自分が起こした火事によって隣家を焼いてしまったら知らんぷりできませんよね??

 

しっかりと謝っておかなれば、今後メチャクチャ住みにくくなります。

 

 

ご近所のおわびをする際に役に立つのが「失火見舞費用保険金」です!!

これは火事によって他人の家などを焼いてしまった場合、その見舞費用が保険金として出ます。

 

また「類焼損害補償」という特約をお客様の希望によって付けることもできます!!

これは延焼先の隣家が火災保険で十分に家を直せなかった場合・・・

賠償責任が生じない場合であっても修復費用の不足分を補償するというものです。

 

まとめ

 

自宅の火事が延焼した場合でも、自分に重大な過失がなければ賠償する必要はありません。

もし賠償しなければいけなくなったときは「個人賠償責任保険」が助けになります。

保険料が安く、1つでも持っておけば家族全員が対象となるのでぜひ準備しておきましょう。

 

最後に私たちハロー保険が皆さまにお伝えしたいことは・・・

「ご自身の家はご自身でしっかりと守りましょう」ということです!!

募集文書番号:16-T25082(2017年3月作成)