火災保険を複数契約?お金の無駄なので即刻やめましょう

代表取締役 森原 義博

 

「貯金も少ないし、今の家がなくなったら困るから」

そう言って、ごくまれに火災保険を複数の保険会社で契約している方がいます。

たくさん契約しておけば、いざというときに保険金がたくさんもらえるというお考えからです。

 

しかし火災保険を複数加入するメリットはほとんどありません。

というよりむしろ、ムダなお金を払っている可能性が高いです!!

今日は火災保険を複数社と契約することについて考えていきましょう。

 

複数契約でも保険金は出るか

 

生命保険や医療保険は契約するときに決めた金額がそのまま保険金として支払われます。

 

例えば死亡保障1000万円の生命保険に2つ入っていれば・・・

亡くなったときには2000万円の死亡保険金を受け取れるのです。

 

したがって生命保険や医療保険の場合は複数の保険会社の商品に加入されている方もいます。

参考:複数の生命保険・医療保険に入るメリット3つとデメリット3つ

参考:学資保険に2つ加入できる?複数契約のメリット・デメリット

 

しかし火災保険や自動車保険などはちょっと違います。

こういった「損害保険」は実際の被害金額が保険金として支払われるのです!!

 

 

例えば2つの保険会社に1000万円ずつ、合計2000万円の火災保険に入ったとしましょう。

その後、家が全焼したとして・・・

その家の評価額が1000万円であれば、合計で1000万円しか保険金は出ません。

 

つまり評価額1000万円を超える部分についてはまったくのムダになってしまうのです!!

 

なぜ保険金が出ないのか

 

生命保険は残された家族がお金に困らないように準備する保険です。

「最低限で良い」という人もいれば「できる限り充実させたい」という人もいます。

様々な考え方があるので、生命保険の金額は契約者が自由に決めることができるのです。

 

 

しかし火災保険は災害や事故によって受けた損失を穴埋めするための保険です。

あくまで「損失の穴埋め」なので、損失以上にお金をもらうことは許されていません!!

もしこれを許してしまうと保険を悪用する人が増えてしまいます。

 

保険金をもらうために自ら命を絶ったり、病気になったりする人は少ないですが・・・

物であればけっこう簡単に壊す人が出てきますからね~

 

複数契約が有効なケース

 

しかし複数の火災保険を契約することがすべてダメとは限りません。

例えば以下のようなケースであれば保険料がムダにはならないでしょう。

 

 

・増改築した部分について新たに他社の火災保険に入った

・今の火災保険じゃ不足している部分を別の火災保険で補った

・建物の火災保険と家財(家具)の火災保険で保険会社を分けた

 

なぜこういった場合は有効かというと・・・

家の価値を越えた保険に入っているわけではないからです。

 

複数契約はメリットなし

 

しかしいくら有効な複数契約だとしても・・・

これだと保険に加入するときや保険金を請求するときの手間が2倍になります。

申込書や口座振替依頼書など同じ書類を2つ準備するのは面倒ですよね??

 

 

特に災害や事故が起こって家に住めなくなったときなんか大変です!!

ただでさえ身の回りのことで忙しいのに、保険請求の手続きを2回しなければいけません。

しかも請求に手間がかかる分だけ迅速に保険金を受け取ることが難しくなるのです。

 

また実際に保険金を払うとき、複数契約だと保険会社同士が話し合いをします。

どちらがどれだけ払うかを決めるためです。

そのためさらに保険金の受け取りが遅くなります。

 

また保険にかかわる手続きは加入や請求のときだけではありませんよ!!

見直し・住所変更・口座変更・受取人変更など・・・

様々な理由で保険に手を加えなければいけない事態が発生します。

 

複数の保険を持っているとこういった手続きをつい忘れがちです。

そしていざというときに困るということにもなりかねません。

 

これらのことを考えると火災保険を複数契約するメリットはないと言えるでしょう。

 

まとめ

 

火災保険を複数契約している方は保険料を損している可能性があります。

火災保険は実際の損失額のみが支払われるので、たくさん契約を持っていても無意味なのです。

2社、3社と契約している人は早急に保険の見直しを行いましょう!!