私たちハロー保険が積極的に情報提供を行うたった1つの理由

startup-photos

代表取締役 森原 義博

 

私たちハロー保険では現在、色々な方法でお客さまへの情報提供を心がけています。

このブログもその1つですし・・・

最近では「ハロー保険通信」というものを作ってお客さまにお配りするようにもなりました。

 

20160905_141934

 

私たちハロー保険がこのように情報提供を積極的に行うのには理由があります。

それは「ハロー保険がこれからもお客さまに必要とされるため」です!!

今日は私たちハロー保険の想いを皆さんにお伝えできれば良いなと思います。

 

中間業者はなくなっていく

 

これから私たち保険代理店のような「中間業者」はなくなっていくと考えています。

 

商品はそれを作っている会社からお客さまのもとへ直接届くわけではありません。

それまでにいくつもの会社や業者を経由します。

 

例えば私たちが普段着ているシャツが手元に届くまでには以下のような道をたどるのです。

 

illust_reason

 

しかしこの中で「輸入商社」や「問屋」といった中間業者を排除するような動きが年々大きくなっています。

 

例えばユニクロは製造から小売までをすべて自分たちだけで行うことで・・・

良い品質のモノを他社では考えられないような低価格で提供して高成長を続けてきました。

 

これはなにも衣料品だけに限った話ではありません。

私たち保険業界においてもこのような流れが起こっています!!

 

例えば保険会社は現在、インターネットやテレビCMを通してお客さまと直接契約できるような仕組みを取り入れています。

参考:自動車保険|代理店型とダイレクト(通販)型のメリットを比較

こういった仕組みの中に私たちのような保険代理店は必要ないのです。

 

必要とされる代理店になる

 

私たちハロー保険はこのような状況を本当に心配しています。

これを言うのは大変恥ずかしいのですが、本音のところをぶっちゃけると・・・

怖くて仕方がありません。笑

 

したがって「これからハロー保険が必要とされるには」ということをいつも真剣に考えています。

これからどういう保険代理店が求められてくるのか、私たちにしかない強みは何なのか・・・

 

こういったことを考えに考え抜いた結果、ある1つの結論にたどり着きました。

それは本当にありきたりなのですが・・・

「お客さまの方を向く」ということだったのです!!

 

お客様の代理店へ

 

保険代理店はこれまで、どちらかというと保険会社の方を向いて仕事をしてきました。

 

「保険会社からより良い条件を引き出したい!!」

「そのために保険をたくさん売っていこう!!」

 

これはつまり、保険会社のために販売を代理するという考え方です。

 

しかしお客さまが直接、保険会社とやり取りができるようになった今・・・

「保険会社の代理」はもう必要なくなってきています。

 

そこで私たちハロー保険は「お客さまの代理」としてやっていく道を選んだのです!!

 

お客さまがより良い生活を送るために出てくるであろう保険ニーズをとことん考え抜く。

そしてそのニーズに関連する情報やサービスをすべて取りそろえてお客さまに届ける。

 

そんな「お客さまの代理」として保険のお手伝いをするような代理店になっていきたいのです!!

 

最後に

 

私たちが唯一誇れるものは「保険に関する知識と経験」です。

 

何回も保険の販売資格テストに落ちて・・・

何回も想定外の事態に頭を悩まされ・・・

何回もお客さまに叱られてきました。

 

しかしそれにヘコたれることなく、

 

何百回も保険の勉強会に参加して・・・

何千回も保険会社と協議して・・・

何万回とお客さまに保険金をお支払いしてきました。

 

その中で私たちハロー保険はどこにも負けない保険の知識や経験を持つようになっています。

それをこれからはお客さまのために使っていきたい!!

そのための情報提供なのです。

 

私たちのこの情報提供がお客様の助けになればこれほどうれしいことはありません。

これからも私たちハロー保険をよろしくお願いします!!