等級は?返金は?自動車保険を中途解約するデメリット2つ

専務取締役 森原 真

 

自動車保険はふつう1年単位で契約します。

では途中で解約したくなったらどうなるのでしょう??

 

実は自動車保険を中途解約すると損をする可能性があります。

今日は自動車保険を満期前に解約するデメリットについてお話ししましょう。

 

解約手続きは簡単

 

解約の手続き自体はとても簡単にできます。

保険担当者に「解約したい」と連絡すれば解約に必要な書類がもらえるでしょう。

それに記入して証券と一緒にお返しすれば手続きは完了です。

 

 

もし等級を残したいという場合は「中断手続き」というのを別に行います。

これをしておけば次回また自動車保険に入るときに等級の割引を引き継げますよ!!

参考:等級を残して自動車保険を中断!有効な期間や再開の条件は?

 

返金はあるが少ない

 

保険料1年分を一括(年払い)で払っている場合・・・

まだ残っている期間に応じて解約返戻金が支払われます。

しかしこの金額は支払った金額より少なくなる場合がほとんど!!

 

 

この解約返戻金の金額は「短期率」というもので決められます。

ちなみに東京海上日動の自動車保険の短期率は以下の通りです。

 

期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1か月まで 25%
2か月まで 35%
3か月まで 45%
4か月まで 55%
5か月まで 65%
6か月まで 70%
7か月まで 75%
8か月まで 80%
9か月まで 85%
10か月まで 90%
11か月まで 95%
12か月まで 100%

 

参考:トータルアシスト自動車保険 ご契約のしおり

 

簡単に説明すると、これは保険会社の取り分を表しています。

例えば6か月目(半年)に解約したら支払った分の70%が保険会社の取り分で・・・

残りの30%が解約返戻金として自分のもとに戻ってくるということ。

 

つまり半年で解約しても保険料の半分がまるまる戻ってくるわけではありません!!

中途解約のペナルティーを取られるといった感じですね。

 

ちなみに月払いの場合、保険を使用した月まで支払えばそれで終わりです。

解約手数料などのペナルティーは特にありません。

 

中途解約という面で考えたら月払いの方がお得ですね。

参考:自動車保険は月払(分割)が可能!年払(一括)との違いは?

 

等級も不利になる

 

自動車保険は普通、1年間無事故だと等級が上がって保険料が安くなります。

参考:たった3分で理解できる!自動車保険の等級制度の仕組み

 

 

しかし中途解約してしまうと、その契約期間についてはノーカウントとなります。

それまでせっかく無事故だったとしても、残念ながら等級は上がらないのです!!

 

逆に事故をして保険を使った後にすぐ保険をやめた場合・・・

次の自動車保険の契約時にはしっかりと等級が下がりますよ。笑

 

満期まで待った方が得策

 

車にもう乗らないという場合なら仕方ありませんが・・・

他の保険会社に乗り換えるといった場合であれば満期まで待った方が良いでしょう。

 

 

特にもうすぐ満期が来るといった場合ならなおさらです!!

どうせ解約返戻金はほとんどないようなものなので・・・

等級が上がる満期まで今の自動車保険は持っておくべきです。

 

私たちハロー保険は何か特別な事情がある場合を除いて・・・

満期直前でお客さまに自動車保険を解約させることは100%ありません!!

 

まとめ

 

自動車保険は中途解約すると損をする可能性が高いです。

解約返戻金は少ないし、無事故であっても等級は上がりません。

満期が近いのであればそれまで待ってから解約する方が得策です。

募集文書番号:16-T25082(2017年3月作成)