自動車保険は月払いが可能!年払いとの違いやデメリットは?

pak56_okaikeicureka20140208_tp_v

専務取締役 森原 真

 

「自動車保険って月払いにできますか??」

「月払いと年払いってどっちが良いの??」

お客さまからよく聞かれる質問です。

 

自動車保険には2通りの支払い方法があります。

「年払い(一括払い)」と「月払い(分割払い)」です!!

 

どちらが優れているというわけではなく、それぞれメリット・デメリットがあります。

今日は「年払い」と「月払い」でどのような違いがあるか詳しく書いていきましょう。

 

年払いと月払いの違い

 

「年払い」は1年分の保険料を一括で払い込んでしまいます。

したがって保険料の支払いは年に1回です。

 

「月払い」はそれを毎月に分割して払い込んでいきます。

なので保険料の支払いは年に12回です。

 

 

では「年払い」と「月払い」で他に何が変わってくるのでしょうか??

まず「月払い」にすると「年払い」と比べて保険料が5%割増されます!!

 

理屈としてはクレジットカードなんかと一緒ですね。

クレジットカードは一括払いだと手数料はかかりませんが・・・

3回払いとか12回払いなど分割にすると手数料がかかって割高になります。

 

また「月払い」は「年払い」と比べて払込方法に制限があります!!

具体的には以下の通りです。

 

払込方法 年払い 月払い
口座振替 対応 対応
クレジットカード 対応 対応
コンビニ 対応 未対応
郵便局 対応 未対応
請求書(法人のみ) 対応 未対応

 

では、これらを踏まえたうえで「年払い」と「月払い」のデメリットを考えてみましょう。

 

年払いのデメリット

 

自動車保険の保険料を「年払い」にするデメリットは以下の3つです。

これらは「月払い」で考えたとき、逆にメリットとなります。

 

1.一度に払う金額が多い

 

 

「年払い」では年間の保険料を一括で払うので1回の支払金額が高くなります。

人によっては10万円以上になったりするのでなかなか大変です!!

 

これが「月払い」だとそれを12か月で分けるのでずいぶん楽になります。

毎月の給料から少しづつ払い込めるので便利です。

 

2.中途解約で損をする

 

 

「年払い」の自動車保険を中途解約した場合、残っている期間については保険料が返ってきます。

しかし全額返ってくるわけではなく、いくらかペナルティとして差し引かれてしまうのです。

参考:等級は?返金は?自動車保険を中途解約するデメリット2つ

 

しかし「月払い」の場合はその月までの保険料を支払えばオッケーです。

解約手数料などかかってこないので、損する金額は「年払い」と比べて少なくなります。

 

3.お金の管理がしにくい

 

 

家賃・光熱費・住宅ローン・携帯電話代・クレカなどはすべて月ごとに支払います。

車の保険料だけ「年払い」だと日々のやりくりを計算するのにやりづらいでしょう。

 

これが「月払い」だと毎月の給料から家賃や光熱費などと一緒に支払えます。

月ごとにお金の出入りを記録している人はお金の管理がしやすいです。

 

月払いのデメリット

 

自動車保険の保険料を「月払い」にするデメリットは以下の3つです。

これらは「年払い」で考えたとき、逆にメリットとなります。

 

1.保険料が高くなる

 

 

上で述べたように「月払い」では年間の保険料が「年払い」より5%割増されます。

したがって「月払い」では保険料の支払総額が高くなるのです。

まとめて支払える余裕があれば「年払い」で支払った方が全体の保険料は安くなります。

 

2.払込方法に制限がある

 

 

これも上で書いた通り「月払い」では払込方法に制限があります。

コンビニや郵便局などでは支払うことができません。

色々な方法で支払いができるという面では「年払い」の方が優れいています。

 

3.保険が失効となる場合がある

 

 

月払いは残高不足やクレカ期限切れなどで保険料が払えていない状態になりやすいです。

そうなるといざというときに保険が使えなかったり、再契約で保険料が上がったりします。

 

年払いは一度払ってしまえば1年間(満期まで)保険が有効になります。

なので保険料の払い忘れでいざというときに保険が使えなくなることがありません。

 

まとめ

 

自動車保険の支払い方法は「年払い」と「月払い」の2つがあります。

そしてどちらを選ぶかによって金額や払込方法などが変わってくるのです。

メリット・デメリットを把握し、ご自身の状況に合わせて最適な方を選んでください。

 

あと保険によっては月払いの割増5%がかからない特別な商品もあります。

私たちハロー保険ではそのようなこともアドバイスもできますよ!!

募集文書番号:17-T00347(2017年4月作成)