30秒でわかるハロー保険

車は移動させるべき?謝ったら負け?交通事故の対応手順まとめ

 

交通事故は突然、あなたの身に降りかかります。

特に鳥取では車を利用されている方が多く、また高齢者も多いので・・・

他県よりも交通事故にあう確率は、残念ながら高いのです。

 

交通事故は、そう何度も経験するものではありません。

したがって実際に交通事故を起こしたとき、どう対応したら良いか分からず慌ててしまうでしょう。

 

そんなときはこのサイトに書いてあることを思い出してください!!

1日1回は必ず事故現場に駆けつけている私が、完璧な初期対応をここにまとめておきます。

 

交通事故の対応手順6つ

 

1. 落ち着く

 

 

交通事故を起こすと、必ずパニックにおちいります。

なのでまずは、意識して落ち着くようにしましょう!!

 

冷静に対応することができれば、事故後の対応で大きく間違えることはありません。

それが結果的に、自分を有利な立場へと導くことになるのです。

 

2. ケガ人を救助する

 

 

何よりもまず優先すべきは、人の命です。

ケガしている人を、安全な場所へ移動させましょう!!

特に交通量が多い場所では後ろの車にひかれるなど、二次災害が起こる可能性があります。

 

ケガ人を安全な場所に移したら、次に救急車を呼びましょう。

携帯やスマホでも「119」を押せば、救急に電話できますよ。

目立ったケガがなくても後日に症状が出る場合もあるので、迷ったら救急車を呼ぶべきです。

 

3. 車を移動させる

 

 

ケガ人を救助したら、事故車も交通のジャマにならない場所へ移動させましょう!!

 

「その場から離れたらダメ」

「事故現場をそのまま残しとかなきゃ」

 

このように考える方が、中にはいますが・・・

二次災害を避けるためにも、車は移動させるべきです。

 

4.  警察を呼ぶ

 

 

救急車を呼んだら、次に警察を呼びましょう!!

携帯やスマホでも「110」を押せば、警察に電話できますよ。

 

交通事故を起こした場合、警察へ連絡することが法律で義務付けられています。

事故相手が「急いでるから示談で」などと言っても、かまわずに呼びましょう。

参考:ちょっと当たった…軽微な物損事故も警察に届け出るべき理由は?

 

5.  事故相手の確認

 

 

救急車と警察が来るまでの間に、事故相手の身元を確認しておきましょう!!

とりあえず、相手の名前だけでも聞いてください。

できれば、運転免許証の番号と車のナンバーもひかえておきたいです。

 

しかし、その相手の方が協力してくれるとは限りません。

ムダな争いを避けるためにも、あまり無理をしてはいけませんよ。

 

6. 事故状況の確認

 

 

最後に、交通事故の状況をカメラなどで記録しておきましょう!!

具体的には事故現場・車両状況・路上のタイヤ跡・散らばった破片なんかを撮っておくべきです。

 

さらに、事故の目撃者を確保できたらより良いですね。

事故の当事者ではない第三者の証言は、警察や保険会社から信頼されやすいです。

ちなみに同乗者は、たとえ他人でも証人とすることはできません。

 

一番良いのは、日ごろからドライブレコーダーを搭載しておくことです!!

また第三者のドライブレコーダーであっても、事故が映っていれば有力な証拠になり得ます。

参考:いつ決まる?誰が決める?交通事故の過失割合はこう計算されるよ

 

よくする間違い2つ

 

交通事故をしてしまったとき、おかしがちな間違いは以下の2つです。

 

1. 「全部弁償します」と言う

 

 

事故現場で「私が悪いので自分がすべて弁償します」と、言わない方が良いです。

あとから相手にも一部過失があると分かったとき、絶対にモメますよ。笑

私がこれまでお客さまの事故対応をしてきた中で、そういった事例が何件もありました。

 

2. 自分が悪いのに謝らない

 

 

上記1と逆で「謝ったら負け」と言う人がいますが、これも間違いです。

明らかに自分が悪いときは素直に謝罪しておかないと、あとで大きくこじれます。

これが原因で物損事故を人身事故にされ、違反点数や罰金の対象となった人がたくさんいますね。

 

覚えることはたった1つ

 

 

まあ色々とくわしく書きましたが、とりあえず覚えておくことはたった1つです。

それは、保険の担当者に電話をすること!!

 

交通事故の種類(物損・自損・人身)で、事故後の対応は大きく変わってきます。

それらをすべて、事前に把握しておくことなんて不可能でしょう。

 

たとえば私たちハロー保険に電話してもらえれば、事故状況に合った対応方法を丁寧にお伝えします。

そして現場へ急行して、上で書いたようなことをお客様に代わって行うのです。

 

また場合によってはレッカーやレンタカーの手配、修理工場の案内まで行います。

お客様にしていただくことなんて、実は何もないのです。笑

 

交通事故が不安なら

 

 

交通事故を起こしたとき、しっかりと対応してくれる自動車保険を探している方へ。

ぜひ、私たちハロー保険にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や事故対応を行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

鳥取県の東部・中部の事故であれば100%現場に駆けつけて、お客さまの代わりに事故対応をしますよ。

 

もし遠方だったり相談に来る時間のない方は、下のネット見積もりサービスを使ってください。

参考:保険スクエアbang!【無料】自動車保険一括見積もり 

 

3分ぐらいで簡単に入力が完了し、一度に最大17社の保険会社の見積もりを無料で取れます!!

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、一番安くて最適な保険を見つけられるので便利です。

 

東京海上のアプリが便利

 

2014y09m11d_124107924_1

 

ハロー保険のお客さまは、東京海上日動のアプリを事前にダウンロードしておくと便利です!!

事故対応の方法が簡潔にまとめられているほか、交通事故の連絡も簡単になります。

参考:土地勘のない人へ!交通事故のとき場所を簡単に伝える方法とは?

 

まとめ

 

交通事故を起こしてしまった場合、初期の対応は以下の通りです。

落ち着く→ケガ人を救助→車を移動→警察へ電話→事故相手の確認→事故状況の確認

また「自分がすべて弁償する」と言ったり、「謝ったら負け」と意固地になるのはやめましょう。