賃貸アパートの火災保険加入は義務?保険料で損しない方法

table-white-home-interior

代表取締役 森原 義博

 

賃貸アパートを借りるときに必ず加入することになる火災保険。

皆さんの中には賃貸アパートの契約手続きの一つとしてサインした方もいるでしょう。

でもそれって絶対に入らないといけないものなのでしょうか??

 

よく分からないまま流れで保険を契約してしまうと・・・

結果としてその保険料が不要な出費となる可能性があります。

今日は賃貸アパートの火災保険で損をしない方法をお伝えしましょう!!

 

家具は自分で守る

 

賃貸アパートの建物については大家さんがしっかりと火災保険をかけています。

私たちはあくまでその賃貸アパートを「借りるだけ」です。

 

 

しかし自分が持ち込んだタンスやテーブルなどは自分で守る必要があります!!

なのでこの部分については自分で火災保険をかけなければいけません。

 

隣人の出火に備える

 

「自分は火事なんて起こさないよ~」と言われる方も要注意!!

自分が火事を起こさなくても隣の人が火事を起こす可能性があるのです。

 

 

隣の人が不注意で火事を起こしてしまった場合・・・

たとえもらい火でも隣人に損害を請求することはできません!!

 

法律では火事を起こしても「重大な過失」がなければ責任を負わないとなっているからです。

参考:火事が隣家に延焼(類焼)!火災保険で賠償金は補償される?

ちなみに「重大な過失」の例としては以下のようなものが挙げられます。

 

・天ぷらをあげたままで台所を離れた

・電気コンロをつけたまま眠った

・寝ながらタバコを吸った

 

こういった明らかな過失でないかぎり隣人にお金を請求することはできないのです。

なのでやっぱり自分の家具にはしっかりと保険をかけておかなければいけません。

 

原状回復の義務もあり

 

「火事を出しても重大な過失がなければ賠償しなくて良いんだ~」と安心してはいけません!!

大家さんと交わした賃貸借契約の中には「退去時の原状回復義務」というものがあります。

これは賃貸アパートを出るときに部屋を元通りにして返さなければいけないというもの。

 

 

なので火事を出して部屋を真っ黒コゲにしたりすると・・・

自分に過失がなくてもそれを元通りにしなければいけません!!

 

なので火災保険は家具を守るだけではなく、そういった賠償にも対応できるものが良いです。

具体的には「借家人賠償責任補償特約」というものを火災保険にプラスします。

 

不動産屋で保険に入らなくて良い

 

上記の通り、賃貸アパートを借りる際には必ず火災保険に加入する必要があります。

しかし不動産屋さんから提示される火災保険に必ずしも入る必要はありません!!

 

 

不動産屋さんが丁寧に保険内容や金額の根拠を説明してくれて・・・

それに納得できたのであればもちろん加入しても良いでしょう。

しかし何の説明もなく「この保険書類に記名捺印してください」だけの場合には注意が必要です。

 

持っている家具の数や種類は人によって全然違います。

例えば独身でそんなに家具を持っていない人に500万円もの家財補償は必要ないのです!!

 

不安な方は信頼できる保険代理店に相談してみるのが良いでしょう。

私たちハロー保険ではそれぞれのお客様の状況や要望をしっかりと聞いた上で・・・

その人に合った金額の火災保険を提案していますよ。

 

まとめ

 

賃貸であっても家具や原状回復義務を守るために火災保険に入らなければいけません。

しかし適切な保険金額がいくらかはその人によって全然変わってきます。

不必要に高額な保険料を払ってしまう前に契約内容をしっかりと確認しておきましょう。

 募集文書番号:16-T15882(2016年7月作成)