30秒でわかるハロー保険

車検間近?自動車保険の契約先で自賠責も更新すべき理由3つ

 

車に乗るなら、必ず必要になってくるのが「自賠責」です。

これは、車検とほぼ同じ時期に期限が来るようになっています。

そしてその期限を過ぎるまでに、更新をしなければいけません。

 

多くの人は車検をお願いした整備工場や自動車ディーラーで、そのまま更新となるでしょう。

しかし自賠責は、自動車保険の契約先で更新を行った方がメリットが大きいです!!

 

今日は自賠責の基本的な仕組みについて、鳥取で80年続く保険代理店がくわしくお話ししましょう。

また自動車保険を契約している保険屋さんで、自賠責の更新を行うべき理由もお伝えします。

 

自賠責とは

 

 

自賠責の正式名称は、「自動車損害賠償責任保険」と言います。

自動車やバイクを運転する人が、必ず加入しなければいけない保険です!!

法律によって加入が義務づけられており、「強制保険」とも呼ばれています。

 

自賠責は、事故の被害者を助けるための保険です。

したがって補償範囲は、対人事故(人をひいてしまったなど)のみとなります!!

補償額は被害にあわれた方1名につき、以下の通りです。

 

死亡 最高3000万円
後遺障害 最高4000万円
傷害 最高120万円

 

保険料はどこで加入しても一緒

 

 

自賠責は、様々な場所で加入・更新をすることが可能です。

保険代理店ではもちろんのこと、整備会社や車のディーラー・・・

最近では、コンビニやインターネットでもできるようになっています。

 

しかし自賠責はどこで入っても、その保険料は一緒です!!

自賠責は国土交通省が厳格に管理しており、場所によって金額に差が出ないようになっています。

 

自動車保険と一緒にすべき理由

 

上で述べた通り、自賠責はどこで入っても金額に差はないのですが・・・

自動車保険を任せている保険屋さんで一緒に入った方が、いざというときに便利です!!

それには、以下3つの理由があります。

 

1.事故手続きがスムーズ

 

 

もしあなたが、人身事故を起こしてしまった場合・・・

自動車保険の担当者が、相手との交渉や保険金請求などの手続きを一括して行ってくれます。

しかしその手続きの中に、「自賠責が有効かを確認する作業」があるのです!!

 

このとき、自賠責の契約が自動車保険の契約先にあれば・・・

担当者の方ですぐに確認することができ、あなたの手をわずらわせることはありません。

手間と時間が省けて、スピーディーに保険金を受け取ることができるのです。

 

2.保険のプロに任せられる

 

 

自賠責の証明書をなくしてしまって、再発行が早急に必要だというとき・・・

また交通事故の被害者となってしまい、自賠責の保険金を請求するとき・・・

保険のプロである保険屋さんなら、正確・スピーディーに対応してくれます!!

 

3.管理がしやすい

 

 

自賠責と自動車保険の契約先を一緒にすると、ご自身の管理が楽です。

いざというとき、「保険会社はどこだっけ??」「連絡先の電話番号は??」と慌ててしまいがちですが・・・

一元管理にしておくと、そういったことがなくなります。

 

最後に

 

「自賠責の証明書がどこにも見当たらない」なんてことは、事故現場で良くある話です。

警察からも「また後日持って来てください」と言われて、余分に動かなくてはいけなくなります。

 

自賠責を含め、保険というものは事故を起こしたときのために加入するものでしょう。

それならば事故が起きたとき、一番有利な条件となるようにしておくべきです。

自動車保険と自賠責は、絶対に同じ保険代理店で契約しておいた方が良いですよ!!