30秒でわかるハロー保険

台風で雨漏りが発生!屋根や雨樋の修理で火災保険を請求できる?

 

台風のトラブルで、けっこう多いのが「雨漏り」です。

生活に大きな影響を与えるので、すぐに対応する必要があります。

しかし修理には大きなお金が必要となってくるので、なかなか簡単には直せません。

 

実は家の雨漏りを、火災保険で直せる可能性があることをご存知ですか??

今日は火災保険で雨漏りを直せる条件について、くわしく「お話しします。

 

火災保険は火事だけじゃない

 

 

火災保険はその名前から、火事だけにしか使えないと考えられがちですが・・・

契約内容によっては自然災害・盗難・破損などで被害を受けた場合でも、補償の対象になります!!

 

たとえば、東京海上日動の火災保険パンフレットを見てみると・・・

火災のほかに風災や水災など、様々なリスクに対応していることが分かるでしょう。

 

参考:トータルアシスト住まいの保険 | 東京海上日動火災保険

 

これは何も、東京海上日動だけではありません。

一般的な火災保険の補償内容は、どこの保険会社もほぼ同じです。

 

そして、雨漏りの修理となったとき・・・

この中にある「風災リスク」というものが、重要になってきます!!

 

風災リスクとは

 

tenki_boufuu

 

風災とは、簡単に言ってしまうと「風による災害」です!!

具体的には、台風・竜巻・強風・大雪・吹雪などが挙げられます。

 

参考:トータルアシスト住まいの保険 | 東京海上日動火災保険

 

そして雨漏りがこの「風災」による場合、これは火災保険の補償範囲内となります!!

したがって、保険金で雨漏りを直すことが可能になるのです。

 

屋根の修理は高くなりがち

 

 

ちなみに、屋根の修理はけっこう高いですよ!!

私たちハロー保険のお客さまで、屋根の修理を保険でされた方がいます。

そのときは専有面積191㎡の建物の部分修理で、118万円の見積書を瓦屋さんは出してきました。

 

しかも、「もう古いから全部を変えましょう」ということで・・・

330万円の見積もりも、別に用意してありました。笑

 

火事よりも自然災害が多い

 

 

私は長年、保険の仕事をしていますが・・・

お客さまの家が火事になって、火災保険金を支払ったことはほとんどありません。

 

火事って、そんなにめったに起こるものではないんですよ。

なので火災事故で何千万円というお金を支払うときは、とても緊張します!!

 

しかしこういった自然災害によるご請求は、本当に良く受けますね。

実際に火災保険で保険金請求が一番多いのは、この「水災」や「風災」などです!!

 

※2015年度住まいの保険(充実タイプ)事故件数割合

 

補償の対象外となる場合

 

building_boroya

 

しかし雨漏りが発生すれば、絶対に火災保険で直せるというわけでもありません。

ではどういった場合の雨漏りは、火災保険の対象外となるのでしょうか??

そのよくある理由の1つに、「建物の老朽化」があります!!

 

「家が古くなってきて雨漏りするようになった」というのは、事故ではありません。

保険というものは偶然・突発的に起こる、予想外の事態に備えるものなので・・・

「老朽化」という予想できる損害には、残念ながら使うことはできないのです。

 

では家が古くなってきたところに台風の直撃を受け、雨漏りとなったらどうなるか??

こうなると、答えを出すのが難しくなってきます。笑

最終的には保険会社が原因を調査して、保険金を支払えるかの審査を行うことになるでしょう。

 

築10年未満なら補償あり

 

 

ただし新築から10年未満であれば、無条件で雨漏りを直せる可能性があります。

それは、「住宅瑕疵担保責任保険」というものを使う方法です!!

 

これは新築住宅に何らかの不具合があった場合、保険によって修理代を支払ってくれる制度です。

この保険は家を建てる建築業者さんが入る保険なので、私たちに保険料などの負担はありません。

 

新築住宅の業者さんは雨水の浸入を防止する部分に対し、10年間の瑕疵担保責任を負っています。

もし瑕疵(欠陥)があった場合、これを補修したり損害を賠償したりする責任があるのです。

 

そのため業者さんは、この「住宅瑕疵担保責任保険」というものに強制的に入らされています。

参考:住宅瑕疵担保責任保険について – 国土交通省

 

自宅がこの保険に入っているか、売買契約や請負契約時に業者さんから説明があったはずです。

覚えていない場合は、契約書面の記載などをよく確認してみましょう。

 

新築からまだ数年しか経っていないのに雨漏りしたということは、欠陥である可能性が高いです!!

したがってこの保険を使って、屋根を修理することができます。

 

これは家を建てた事業者さんが、すでに破産しているなどの場合でも大丈夫です。

くわしくは、住宅瑕疵担保責任保険協会に問い合わせてみてください。

参考:住宅瑕疵担保責任保険協会

 

免責金額に注意

 

 

火災保険を使う場合、気を付けなければいけないことがあります。

それは、「免責金額」を設定しているかどうか!!

 

「免責金額」とは、修理費のうち自分自身が負担する金額(自己負担額)のこと。

火災保険の契約によっては、「5万円までは自己負担でお願い」みたいな条件が付いています。

 

したがって、支払われる保険金は以下のような式で計算されるのです。

保険金 = 損害額(修理費)- 免責金額(自己負担額)

 

たとえば、免責金額が5万円だったとして・・・

損害額が6万円ならば、5万円を引いた1万円が受け取れます。

しかし損害額が5万円だと、1円も受け取ることができません。

 

つまり損害額が免責金額を越えないと、保険金はゼロなのです!!

 

火災保険に加入する際に、多くの人は免責金額を3万円とか5万円に設定しています。

そうした方が、保険料が安くなりますからね~

したがって被害が少ないと、火災保険の出る幕がないのです。

 

他の被害を調べよう

 

 

「じゃあダメかも・・・」と、保険請求をあきらめるのはまだ早い!!

そのような方は、他にも被害が出ていないかを注意深く確認してみましょう。

たとえば屋根だけでなく、アンテナやバルコニーなども壊れているかもしれません。

 

そういった場合は、全部あわせて保険金を請求してみるのです。

すると免責金額を超えて、いくらか火災保険から補償される可能性があります。

 

免責はゼロがおすすめ

 

 

少し前に、「雪で瓦(かわら)が3枚壊れた」というお客さまがいました。

修理代を見積もってみると、28000円。

 

その方は、免責金額をゼロとしていたので・・・

28000円を、そのままお支払いすることができました。

 

家周りで数万円という小さな修理が必要になる事態って、実はけっこうあります。

しかも火災保険は自動車保険みたいに、使ったら保険料が上がるということはありません!!

したがって私は個人的に、免責ゼロの充実プランをお客さまにおすすめしています。

 

ちなみに火災保険を見直すときは、火災保険の一括見積もりサービスが便利です。

参考:保険の窓口インズウェブ【無料】火災保険一括見積もり

 

3分ぐらいで簡単に入力が完了し、一度に最大14社の見積もりを無料で取れます。

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、一番安いところを見つけられますよ!!

 

まとめ

 

風災によって雨漏りが発生した場合、火災保険でそれを直すことができます。

しかし雨漏りの原因が家の老朽化である場合は保険を使うことができません。

どちらが原因か分からないときはとりあえず保険の担当者に相談してみましょう。

 

火災保険に加入している方へ

 

あなたが払っている火災保険の保険料、実は割高ではありませんか??

下の記事をチェックして、あなたの火災保険の適正相場を調べてみましょう!!

参考:火災保険10年でいくら払ってる?保険料の平均相場を知る方法

2016年10月作成(募集文書番号:T16-18599)