鳥取兵庫の県境、戸倉峠名物・滝流しそうめんに子供と行った

 

いや~、暑い日が続きますね。

こう暑いとそうめんしか食べる気がしない・・・

ということで、戸倉峠の「滝流しそうめん」に行きました!!

 

鳥取道ができてから、ほとんど通らなくなった戸倉峠。

「営業してるかな~」と心配しながら行きましたが・・・

実際はお客さまがたくさんいて、順番待ちの大盛況でしたよ!!

 

今日はそんな鳥取と兵庫の県境にある「滝流しそうめん」をご紹介します。

 

昔なつかしの流しそうめん

 

鳥取市内から車を走らせること1時間ほど。

新戸倉峠トンネルを抜け、兵庫に入ってすぐのところにあります。

 

 

子供のころによく来ていた「滝流しそうめん」。

あらためて来たのは20年ぶりぐらいで、とてもなつかしい!!

 

 

昔から変わっていない外観にホッコリしました。

 

 

14時ごろと中途半端な時間に来たのに、駐車場には車がたくさん!!

 

 

人がいっぱい

 

流しそうめんを食べに来たのにカレーを食べたげな娘。笑

 

 

わっ、人がいっぱい待ってる!!

戸倉峠を通る人が少なくなった今でも大盛況のようですね。

 

 

室内席はガラガラ。笑

みんな流しそうめん目当てです。

 

 

建物の中には大きなクマの剥製(はくせい)が!!

 

 

小さなうり坊も。笑

 

 

おそるおそる、クマにさわっています。

長女は怖がってタッチできず・・・

 

 

年季の入った木造建築がいい感じ。

ワラでできた蓑(みの)や傘(かさ)がかけてあり、味わい深いです。

 

 

待ち時間は短い

 

受付で流しそうめんの食券(1人700円)を買い、順番が来るのを待ちます。

 

 

老夫婦・家族・友達同士など、色々なグループがそうめんを食べていました。

 

 

たくさんの人が待っていたので、時間がかかると思っていましたが・・・

みんなすぐに食べ終えるので、10分ぐらいで席に着くことができました!!

 

 

タタミの長イスが気持ちいい~

 

 

子供用の器とフォークもいただけましたよ。

 

 

いよいよ30メートルの渓谷をひとまたぎする、ダイナミック流しそうめんの開始です!!

 

 

子供たちはもう待ちきれません。笑

 

 

楽しい食事

 

席に付いてから待つこと数分、お待ちかねのそうめんが流れてきました!!

下にボールが設置してあるので、こぼしても大丈夫。

 

 

必死に取ろうとがんばりますが、フォークではうまく取れず。笑

 

 

そうめんは一人分が4回ぐらいに分けて流れてきます。

サクランボが流れてきたら終了の合図です。

 

 

サクランボが来るとは知らず、大興奮な長女。笑

 

 

次女はどうしても自分で取りたいらしく・・・

親はシブシブ、またそうめんを流します。笑

 

 

使われているそうめんは播州名産の「揖保乃糸」です。

水は兵庫県と鳥取県の県境にそびえ立つ氷ノ山の清水とのこと。

 

 

普段あまりご飯を食べない子供たちも、楽しみながらたくさん食べていました。

 

 

真夏なのに涼しい

 

お腹いっぱいになったので、周辺を散歩してみます。

 

 

8月の真夏日に行ったのに全然暑くなく、むしろ肌寒いくらい。

なんと川のそばでは、まだアジサイが咲いていました!!

 

 

流しそうめんの下はこんな感じ。

 

 

キレイな川が下を流れています。

 

 

川まで降りて遊んでいる家族もいましたよ。

 

 

花が植えてあるハチがそうめんの箱だ。笑

 

 

この箱は無料でもらえるみたいですよ。

 

 

トイレはキレイで、子供連れには助かりました。

 

 

お店の場所

 

店名:滝流しそうめん

住所:兵庫県宍粟市波賀町戸倉165-13

電話番号:0790-73-0009

営業時間:5月連休~9・10月頃(詳細はHPに記載)

営業時間:10:00~16:00(混んでいれば早期終了の場合あり)

定休日:なし(大雨の場合は営業休止)

ホームページ:http://www.takinagashi.com/