30秒でわかるハロー保険

鳥取発で話題騒然!赤ちゃん夜泣き保険”すやりんこ”とは?

 

先日、鳥取西ロータリークラブの例会に参加したのですが・・・

そこで「産後ケアやわらかい風」という、母子サポート施設を知りました。

参考:鳥取西RCの社会奉仕賞「やわらかい風」川口さんに

 

なんでもここは、鳥取発で「赤ちゃん夜泣き保険」というものを作ったらしい!!

保険の仕事をしているハロー保険として、おもしろい商品だと思ったので紹介します。

 

赤ちゃん夜泣き保険とは

 

赤ちゃん夜泣き保険「すやりんこ」は、赤ちゃんの夜泣きに困ったとき・・・

いつでも親子で施設に駆け込み、泊まることができるサービスです!!

 

 

イメージとしては、このマンガが近いみたいですね。

(このマンガと「すやりんこ」は一切関係ありません)

 

 

いただいたパンフレットには、以下のように書いてあります。

 

子育てには24時間お休みがありません。

特に夜泣きの日が続いたりすると、本当につらいです。

「すやりんこ」は夜泣きに悩んでいるお母さんの話を聞いたとき、あったらいいなあと思い作りました。

 

鳥取発の試みということで、色々なところで話題になっていますよ。

参考:「産後ケア やわらかい風」夜泣き保険で不安解消|毎日新聞

参考:夜泣きの不安 和らげたい 母親向け「保険」始める | 日本海新聞

 

赤ちゃん夜泣き保険の内容

 

赤ちゃん夜泣き保険のくわしい内容は、以下の通りです。

 

 

保険料 6000円(双子・三つ子でも同料金)
利用できる方 赤ちゃん(1歳の誕生日まで)とお母さん(妊娠中の方含む)
ご利用時間 夜9時~翌朝9時まで
ご利用回数 2晩まで宿泊可能
予約方法 電話(先着順・部屋数に限りあり)
スタッフ  助産師・保健師・看護師の資格を持つスタッフが常駐
食事 食事の提供なし(飲食物の持ち込みは自由)

 

2晩泊まれて6000円ということは、1泊あたりたったの3000円!!

ホテルに泊まるより、全然安いじゃないか。笑

 

鳥取市は行政として、乳児の一時預かりサービスを行っていますが・・・

赤ちゃんの年齢を4カ月未満に制限していたり、夜間は対応していなかったりします。

参考:母子ショートステイ、乳児一時預かりのご案内|鳥取市

 

1歳まで利用でき、夜中でも使える施設ができたのはうれしいですね!!

1度も使わなかった場合は

 

この保険に入ったものの、1度も施設を使用しなかった場合・・・

以下5つのサービスのいずれかに、替えることもできます!!

 

 

1.赤ちゃんのお預かり(最大4時間)

2.母乳マッサージ(母乳をうながす)

3.母子デイケア(育児の相談など)

4.助産師外来(お産の相談など)

5.愛のマヤ外来(占星術による鑑定)

 

夜泣き施設を使わなくても、お金がムダにならないのは良いですね!!

母親が自分で保険を購入できるのは、もちろんのこと・・・

お父さんからのプレゼントや、友人への出産祝いとしても使えるみたいですよ。

 

お母さんに安心感を

 

代表の川口さんは、ハロー保険のお客さまです。

今回どのような想いでこの保険を作ったのか、お話しをうかがいました。

 

 

この保険を作ったキッカケは、夜泣きに悩んでいるお母さんからの相談とのこと!!

その方はお子さんの夜泣きで4日間も眠れず、疲労の限界に達していました。

しかしお父さんは毎日お仕事で夜遅く、頼ることができなかったそうです。

 

それを見かねた川口さんは、以下のようにそのお母さんへ声掛けしました。

 

「夜泣きで眠れなくなったら、うちに来なさい」

「私が代わりに、子供の面倒を見てあげるから」

 

さてその日、連絡が来るだろうと思って夜遅くまで起きていた川口さん。

しかし、そのお母さんから連絡が来ることはありませんでした。

 

後で聞いてみると、以下のように言われたとのこと。

 

「駆け込めるところができたとたん、自分の心がとても安らぎました」

「それが子供にも伝わったのか、夜泣きせずによく寝てくれたんです」

 

この経験をキッカケに、川口さんはお母さんが気軽に駆け込める場所を作ることを決心。

それがこの、赤ちゃん夜泣き保険「すやりんこ」です!!

 

まだ始めて間もないにもかかわらず、加入者は続々と増えているとのこと。

すでに保険を使用されている方もいて、その評判はとても良いみたいです。

 

施設の情報

 

名前:産後ケアやわらかい風

住所:鳥取市西品治805

電話:050-3630‐4138

フェイスブック:https://www.facebook.com/yawarakaikaze38/