20代の女性は必要かも!ガン保険に入るべき人の特徴3つ

pexels-photo-58592

 

日本人の2人に1人はなると言われている「ガン」という病気・・・

有名人がガンになったというニュースも最近たくさん見ますよね~

 

今日はガンについての基礎知識を教えましょう。

またそこからガン保険が必要な方についてもお話ししていきます。

 

そもそもガンとは

 

ガンは細胞が正常に更新されずになる病気です。

 

 

私たちの細胞は古くなると新しいものに更新されます。

しかしまれに正常に更新されずに悪い細胞ができてしまうのです。

それが「ガン細胞」と呼ばれるもの!!

 

ガン細胞は体の仕組みを無視してどんどん増え続けます。

そして周囲の正常な細胞を壊して栄養を横取りしてしまうのです!!

そのため体がどんどん衰弱していきます。

 

ガンは昔、不治の病と考えられてきましたが・・・

最近は治療技術の進歩もあり早期であれば9割以上の人が治る病気となりました!!

定期的にガン検診を受けて早めにガンを見つけることが大事ですね~

 

ガンになりやすい人

 

日本人が一生のうちにガンになる確率は男性が62%、女性が46%です。

参考:最新がん統計|がん登録・統計[がん情報サービス]

統計を見ると男性の方がガンになる可能性は高くなっています。

 

しかしガンになる年齢が早いのは女性の方です!!

実際に男性は50歳からなのに女性は40歳からガンになる方が増えていきます。

 

 

参考:最新がん統計|がん登録・統計[がん情報サービス]

 

また意外に思うかもしれませんが・・・

私のお客さまでは20代の女性がガンになってしまうケースが一番多いのです!!

 

ガンになる原因

 

ガンになる2大原因は「タバコ」と「食事」と言われています。

 

 

特に「タバコ」については自分が吸っていなくても注意が必要です。

周りの人が吸っているだけでもガンのリスクが高まることが最近の研究で分かっています。

 

「食事」についてはバランスよく栄養を取ることがなにより大切です。

太りすぎだけではなく痩せすぎもガンになるリスクを高めてしまうのでご注意を!!

 

ガンの治療費はどれぐらい??

 

これはガンの種類や治療方法によって大きく変わってきますが・・・

だいたい100~150万円ぐらいを見ておいた方が良いでしょう。

 

 

ガンの治療費が高額になる理由は以下の3つです。

 

1. 治療の長期化

 

最近、病院は長期入院をさせない方針になっています。

したがって通院や自宅療養で治療を続けるようになっているのです。

その結果として治療が長期化しています。

 

2. 新しい治療法

 

医学の進歩により副作用の少ない新しい抗ガン剤が日々開発されています。

また抗ガン剤より体への影響が少ない放射能治療の利用も増えているのです。

しかしこういった新しい治療法は健康保険が使えず全額自己負担になります。

 

3. 治療以外の費用

 

入院するとなると新しいパジャマや洗面用具を買ったりします。

また通院のために子供を預けたり車のガソリン代がかさんだりするのです。

目に見えないところですがこういったところにも意外とお金がかかってきます。

 

ガン保険に入るべき人の特徴3つ

 

これまで話してきたことと私の経験を踏まえると・・・

以下3つの特徴に1つでも当てはまる人はガン保険に入ることをおすすめします。

 

 

1. 20代・30代の若い女性

 

女性は早期にガンになる可能性が男性よりも高いです。

特に鳥取の若い女性は共働きで働いている方が多いので・・・

ガンで働けなくなると家計が苦しくなるということも起こりえます。

 

2. 家族でガンになった人がいる

 

ガンは遺伝ではありません。

しかし家族だと体質が似ていたり同じような食生活を送っていたりするので・・・

家族がガンになった人は自分自身もガンになる可能性が高いのです。

 

3. 貯金がない

 

ガンの治療には多くのお金が必要になってきます。

また入院や自宅療養になると仕事もできなくなり収入が途絶える可能性だってあるのです。

100万円以上の貯金がない人は一度検討しておくべきでしょう。

 

ハロー保険はこう助ける

 

私たちは保険の担当者としてまずはお客様に会いに行きます。

そしてご契約内容を説明させていただいたうえで・・・

セカンドオピニオン(担当医とは別の医師に意見を聞くこと)をすすめています!!

 

セカンドオピニオンをすすめる理由はそれによって病気の事がより良く分かるからです。

実際にセカンドオピニオンで別のところにガンが見つかったり・・・

良性と診断を受けていたものが実は悪性だったというお客さまが何人かいました。

 

あとは迅速に給付金を受け取ってもらえるよう・・・

私の方からお客さまのところへおうかがいして手続きを進めていきます。

 

最後に

 

「ガン」という病気になると誰もが心を病んでしまいます。

私たちは医者ではないのでお客様の体を治すことはできません。

なのでせめて心が軽くなるようサポートするのが私たちの役目だと考えています。