カテゴリー別アーカイブ: 住まいの保険

エアコンから水漏れ!室外機が故障!火災保険を請求できる?

代表取締役 森原 義博

 

家のエアコンが壊れたら皆さんどうしますか??

「大した金額じゃないから」と自分で修理される方も多いでしょう。

 

壊れた原因にもよりますが、実はエアコンを火災保険で直すことが可能です!!

どのような事故で補償されるのか、保険で直すときに注意すべきことは何か・・・

今日はそれらについて詳しくお伝えします。

 

火災保険は火事だけじゃない

 

火災保険はその名前から火事だけにしか使えないと考えられがちですが・・・

契約内容によっては自然災害や盗難、破損などで被害を受けた場合でも補償の対象になります!!

 

下図は東京海上日動の火災保険パンフレットから抜き出したものです。

見てみると火災だけでなく様々なリスクにも火災保険が対応していることが分かります。

 

無題

参考:トータルアシスト住まいの保険 | 東京海上日動火災保険

 

これは何も東京海上日動だけではありません。

一般的な火災保険の補償内容はどこの保険会社もほぼ同じです。

 

火災保険が適用できる例

 

そして以下のような形でエアコンが壊れた場合、それは火災保険で直せる可能性があります。

(もちろん、契約している火災保険がこれらのリスクに対応していることが条件です)

 

 

火災リスク

・ボヤを出しエアコンが焼けた

・落雷による過電流で壊れた

 

風災リスク

・台風の風圧で室外機が倒れた

・室外機に雪が積もってつぶれた

 

盗難水漏れ等リスク

・泥棒が室外機を盗んでいった

・車が家に衝突してエアコンが落ちた

 

破損リスク

・エアコンを掃除中に誤って壊した

・子供がボールをエアコンにぶつけた

 

気を付けていただきたいのは、エアコンは室外機とセットであるということ。

意外と室外機の損害は忘れがちです!!

まずはご契約されている保険代理店さんに相談してみましょう。

 

エアコンは建物か家財か

 

火災保険の補償範囲は大きく以下の3つに分かれます。

 

1.建物のみ

2.家財のみ

3.建物と家財の両方

 

ちなみに家財とは家具(ソファーやタンスなど)のことです。

参考:火災保険に家具補償は付ける?家財保険の金額や必要性を解説

 

そしてエアコンは「家財」と誤解されがちなのですが・・・

実は「建物」に該当します!!

 

 

と言うのも、建物に取り付けられたものは基本的に建物の一部として扱われるのです。

(テレビアンテナやソーラーパネルなどもそうです)

したがってエアコンを火災保険で直すためには、建物が補償対象となっている必要があります。

 

ただし、これは一概には言えません。

保険会社によっては「家財」として扱えるところもありますし・・・

賃貸物件に入居者が後からエアコンを設置した場合は家財として考えられたりします。

 

エアコンからの水漏れ

 

エアコンでよくあるトラブルの1つに「水漏れ」があります。

エアコン内部で発生した水が、何らかの理由でうまく外に排出されないと・・・

エアコン本体からポタポタと水滴が落ちてきて、家の床や壁に被害が出るのです。

 

 

このエアコンの水漏れによる被害も、原因によっては火災保険の補償対象です!!

自然災害や偶然の事故によって発生したものなら、修理費用が保険金で出る可能性があります。

 

補償の対象外となる場合

 

ただし、エアコンが故障したら絶対に火災保険で直せるというわけではありません。

ではどういった場合、火災保険の対象外となるのでしょうか??

 

そのよくある理由の1つに「老朽化によるもの」があります!!

 

 

「10年以上使ってきたエアコンがついに故障した」というのは事故ではありません。

保険というものは突発的に発生する予知されない事態に備えるものなので・・・

「老朽化」という予想できる損害には使うことはできないのです。

 

じゃあ古くなったエアコンに子供がボールをぶつけて故障となったらどうなるのか??

こうなると答えを出すのが難しくなってきます。笑

最終的には保険会社が原因を調査して、保険金を支払えるかの審査を行うことになるでしょう。

 

免責金額に注意

 

火災保険でエアコンを修理する場合に気を付けなければいけないことがあります。

それは「免責金額」を設定しているかどうかです!!

 

「免責金額」とは修理費のうち、自分自身が負担する金額(自己負担額)のこと。

火災保険の契約によっては「5万円までは自己負担でお願い」みたいな条件が付いています。

 

 

したがって支払われる保険金は以下のような式で計算されるのです。

保険金 = 損害額(修理費)- 免責金額(自己負担額)

 

たとえば免責金額が5万円だったとして・・・

損害額が6万円ならば5万円を引いた1万円が受け取れます。

しかし損害額が5万円だと1円も受け取ることができません。

 

つまり損害額が免責金額を越えないと保険金はゼロなのです!!

 

火災保険に加入する際に多くの人は免責金額を3万円とか5万円に設定しています。

そうした方が保険料が安くなりますからね~

 

そしてエアコンの修理費は3~5万円で済む場合がほとんどでしょう。

したがって免責金額を5万円とかに設定していると火災保険の出る幕がないのです。

 

他の被害がないか調べてみる

 

「じゃあダメかも・・・」と保険請求をあきらめるのはまだ早い!!

そのような方は、他にも被害が出ていないかを注意深く確認してみましょう。

 

 

例えばものすごい台風で室外機が倒れ、エアコンが壊れた場合・・・

被害はエアコンだけではなく屋根などにも及んでいるかもしれません!!

参考:家の雨漏り修理で火災保険を請求できるか?補償の条件は風災

 

そういった場合は両方あわせて保険金を請求してみるのです。

屋根の修理費なんかも含めると免責金額は軽々と超えるでしょう。

するとエアコンも保険であわせて修理できるようになります。

 

火災保険の補償は充実させよう

 

少し前に「雪で瓦(かわら)が3枚壊れた」というお客さまがいました。

修理代を見積もってみると28000円。

 

 

その方は自己負担額(免責金額)をゼロとしていたので・・・

28000円をそのままお支払いすることができました。

 

家周りで数万円という小さな修理が必要になる事態ってけっこうあります。

しかも火災保険は自動車保険みたいに「使ったら保険料が上がる」ということはないのです!!

したがって私は個人的に免責ゼロの充実プランをお客さまにおすすめしています。

 

まとめ

 

家のエアコンが壊れた場合、その修理額を火災保険でまかなうことができる可能性があります。

しかし免責金額(自己負担額)を設定している人は保険金が出ないかもしれません。

火災保険は使っても保険料が上がることはないので、免責ゼロの充実プランがおすすめです!!