30秒でわかるハロー保険

T構造・H構造・M構造とは?火災保険の構造級別を判断する方法

 

「火災保険って、家の材質によって保険料が違うんですか??」

「自宅がどの材質でできているか、判断する方法はありますか??」

火災保険を検討しているお客さまから、よく聞かれる質問です。

 

火災保険は木造より、コンクリートやレンガでできている物件の方が割安です。

しかし木造だと必ず保険料が高くなるかというと、そういうわけでもありません。

 

今日は火災保険の保険料に直接かかわってくる、「構造級別」についてお話しします。

またご自身の家がどの構造に該当するか、分かりやすくお伝えしましょう。

 

構造級別とは

 

 

構造級別とは簡単に言うと、「建物が何でできているか」を表したものです!!

火災保険に加入する際には、この構造級別がとても重要になってきます。

なぜなら自分の家がどの構造級別に属するかによって、火災保険の保険料が変わってくるからです。

 

住宅物件の構造級別は、以下の3つに分類されます。

上に行くほど保険料は安くなり、下に行くほど保険料は高くなりますよ。

 

・M構造:マンション構造

・T構造:耐火構造

・H構造:非耐火構造

 

「マンション」「耐火」「非耐火」のそれぞれの頭文字をとって、「M」「T」「H」となっています。

ちなみに一般物件(店舗や事務所)の場合は、1~3級というかたちで分けられていますよ。

ではそれぞれの構造が具体的に何を指すのか、以下にくわしく説明していきましょう!!

 

M構造(マンション構造)

 

 

M構造に該当するのは主に、以下のような「共同住宅(マンションやアパートなど)」です!!

下記の条件に合わない共同住宅は、T構造やH構造に振り分けられます。

 

・コンクリート造

・コンクリートブロック造

・レンガ造

・石造

・耐火建築物

 

構造(耐火構造)

 

 

T構造に該当するのは主に、以下のような「一戸建て」です!!

 

・コンクリート造

・コンクリートブロック造

・レンガ造

・石造

・鉄骨造

・耐火建築物

・準耐火建築物

・省令準耐火建築物

 

H構造(非耐火構造)

 

 

H構造に該当するのは主に、以下のような「一戸建て」です!!

ちなみに「2×4(ツーバイフォー)」などの枠組壁工法建物は、木造と判定されます。

 

・木造

・土蔵造

・その他の造り

・M構造やT構造に該当しないもの

 

構造級別を判断する

 

では、自分の家はどの構造級別に該当するのでしょうか??

価格ドットコムさんのホームページに分かりやすい判別表があるので、ここで引用させていただきます。

 

注1:コンクリート造は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、コンクリートブロック造、れんが造、石造を含みます
注2:鉄骨造(S造)は、鉄骨ALC造を含みます
注3:一定の耐火性能を持つ建築物のことで、建築確認申請書の『(第四面) – 【5.耐火建築物】』の欄にてご確認ください。建築確認申請書は、通常、物件の引渡し時に受け取りますが、引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができます。建築確認申請書にて確認できない場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください
注4:省令準耐火建物は、独立行政法人住宅金融支援機構法(旧:住宅金融公庫法)および省令に定める一定の耐火性能を有する建物のことで、書面では確認できない場合が多いです。その場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください

 

この判別表に従っていけば、ご自身の家がどこに該当するか分かるでしょう。

ただしこの構造級別の定義や名称は、保険会社さんによって異なる場合があります。

なのでくわしくは、自分がお世話になる保険会社さんに判断してもらってください。

 

木造なら耐火仕様にしよう

 

 

「自分の家は木で建てたい」という方は、きっと多いでしょう。

コンクリや鉄筋と比べて、あたたかい感じがしますからね。

 

もし木造の家を建てるなら、ぜひ耐火性能を持つものにしてください!!

具体的には「耐火建築物」「準耐火建築物」「省令準耐火建築物」として、認められるような家です。

 

そうすることで火災に強い家となり、いざというときに家族や財産を守れるようになります。

またそうすることで木造でもT構造となり、火災保険の保険料を低くおさえることができるのです。

 

火災保険の相談なら

 

 

また上記で紹介した以外にも、「耐火構造建築物」や「特定避難時間倒壊等防止建築物」などの種類があります。

ご自身の家の構造に合った火災保険を検討したい方は、ぜひ私たちハロー保険にご相談ください!!

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人に合った火災保険を提案します。

 

もし遠方だったり相談に来る時間のない方は、下のネット見積もりサービスを使ってください。

参考:【無料】火災保険を最大16社厳選の見積もり比較!|住宅本舗

 

3分ぐらいで簡単に入力が完了し、一度に最大16社の保険会社の見積もりを無料で取れます。

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、一番安くて最適な保険を見つけられますよ!!

 

まとめ

 

構造級別とは、「建物が何でできているか」を表したものです!!

自分の家がどの構造級別に属するかによって、火災保険の保険料が変わってきます。

住宅物件の構造級別は、「M構造」「T構造」「H構造」の3つに分類されますよ。

 

火災保険に加入している方へ

 

あなたが払っている火災保険の保険料、実は割高ではありませんか??

下の記事をチェックして、あなたの火災保険の適正相場を調べてみましょう!!

参考:火災保険10年でいくら払ってる?保険料の平均相場を知る方法