30秒でわかるハロー保険

タトゥーや刺青があると生命保険に入れない?審査でバレたらどうなる?

 

タトゥーが入っていますが、生命保険には入れますか??

刺青が入っていると、保険金が受け取れないのですか??

生命保険を検討しているお客さまから、たまに聞かれる質問です。

 

現在はファッションやアートの一環として、タトゥーや刺青を入れている人が増えています。

今日はタトゥーや刺青でも生命保険に入れるのか、鳥取で80年続く保険代理店がくわしくお伝えしましょう!!

 

タトゥーで生命保険に入れるか

 

 

タトゥーや刺青があると、生命保険への加入が制限されます!!

保険会社によって下記のように取り扱いは異なりますが、一般的には生命保険に入るのは難しいです。

 

・生命保険に加入できない

・条件付きで加入できる

・条件なしで加入できる

 

「タトゥーが入っていると温泉に入れない」と知っている人は多いでしょう。

しかし生命保険も入りずらくなることを知っている人は少なく、加入手続き時に驚かれる方が多いです。

日々の生活を送るにあたり、タトゥーが入っていると様々な弊害があると心得ておかないといけません。

 

タトゥーで生命保険に入れない理由

 

 

生命保険は相互扶助の精神に基づき、加入者同士で不公平が起こらないようにしなければいけません。

そしてタトゥーや刺青はこの公平性の原則に影響を及ぼす恐れがあるため、加入が制限されるのです!!

具体的には、以下2つの懸念があります。

 

・反社会的勢力である可能性がある

・肝炎などの感染症のリスクが高い

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

反社会的勢力である可能性がある

 

 

保険会社はコンプライアンスの中で、反社会的勢力との関わりを禁じる基準があります。

そして日本では「タトゥー = 暴力団・ヤクザ」という考えが、いまだに深く根付いているのです!!

 

そのため身体の一部分にタトゥーや刺青が入っていると、生命保険には加入できません。

また反社会的勢力は命の危険が高いことも、生命保険への加入を断られる理由です。

 

もちろん「タトゥーを入れている人は反社会的勢力に関わっている」と、一概に決め付けることはできません。

しかしその関係者であることも考慮し、万が一の事態を避けるために加入できない仕組みとなっています。

 

肝炎などの感染症のリスクが高い

 

 

タトゥーや刺青は針を皮膚の奥深くに刺して、墨を入れます。

そのときに針を使い回すことで、肝炎などの感染症になる例があるのです!!

 

したがってタトゥーがある人は感染症を患っているリスクが高く、生命保険への加入を断られます。

病気のリスクの高い人が生命保険に加入できるようにすると、公平性の原則が崩れますからね。

参考:持病で生命保険・医療保険に入れない?病気でもOKな保険3つ

 

また衛生管理の整った施設でタトゥーを入れていたとしても、安心はできません。

体内に異物が入ると肝臓に負荷が加わりやすいので、やはり病気になるリスクは高くなるのです。

 

タトゥーでも生命保険に入れる例

 

 

タトゥーが入っている人すべてが、生命保険に加入できないわけではありません。

今はアートやファッションの一環として、タトゥーや刺青を楽しむ文化も定着しつつあります。

したがって保険会社によっては、条件付きでオッケーとしているところもあるのです!!

 

タトゥーの入っている人が生命保険に加入するためには、以下のような条件があります。

 

<タトゥーの条件>

・タトゥーの大きさが〇cm以内である

・アートメイク(眉毛タトゥー)である

 

<保険の条件>

・通常よりも支払う保険料が割増になる

・感染症や肝臓の部位は不担保になる

・保障される金額が制限される

 

また通信販売よりも対面販売の方が、生命保険に加入できる可能性は高いです!!

対面で詳細な告知をすれば、「加入できる or 加入できない」の判断材料が増えます。

したがって適切な審査につながりやすく、加入できる確率が上がるのです。

 

タトゥーを隠して申し込んだら

 

 

「タトゥーを告知せずにバレなければ、他の人と同じ条件で生命保険に加入できるのでは??」

そう考える方もいるかもしれませんが、タトゥーや刺青を隠して生命保険に入ってはいけません!!

 

ウソの告知をすると「告知義務違反」となって、保険金をもらえなくなります。

またそれまでに払った保険料も一切戻ってきませんので、単なる払い損で終わるのです。

 

めったにないとは思いますが、保険販売員の中にはウソの告知をうながす人もいます。

「バレないから」「時効があるから」などと言って、無理やり保険に入らせるのです。

 

しかし、告知義務違反は必ずバレると考えておいた方が良いでしょう。

また時効に関しても、故意にウソの告知をしたのであれば無効になります。

決して、そういった販売員の甘い言葉にだまされないようにしてください!!

 

保険の相談や見直しなら

 

 

生命保険や医療保険の相談や見直しなら、ぜひ私たち「ハロー保険」にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や請求手続きを行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人にとって最適な提案をしますよ。

 

また遠方にお住みでハロー保険に来れないという方には、下の記事をおすすめします!!

参考:保険相談窓口の選び方がわからない?比較サイト15つからおすすめを調べた

口コミ評判の高い全国規模の保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

 

タトゥーや刺青があると、生命保険への加入が制限されます。

反社会的勢力である可能性があったり、肝炎などの感染症のリスクが高いからです。

しかし保険会社によっては条件付きでオッケーなところもあるので、とりあえず相談してみましょう。