30秒でわかるハロー保険

健康診断と人間ドックの違いは? どんな病気も早期発見・早期治療が一番

 

いまだ新型コロナウィルスが猛威を振るっています。

感染者数が増加の一途をたどる日々ですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

 

万が一コロナウィルスに感染された場合、入院給付金の対象となります。

これは病院に入院されたらもちろんですが、自宅やホテルでの療養でも給付対象です。

守秘義務を守ったうえでお手続するので、どうぞ遠慮なくご連絡ください。

 

病気は早期発見が一番

 

 

 

こんな世の中でも、病気になって治療を受けざるを得ない方はたくさんいます。

病院に行くのをためらって調子が悪いのをガマンしたり、健康診断をついつい先送りしたり…

 

しかしどんな病気でも、早期発見・早期治療が1番です!!

病気にならないようにする事はなかなか難しいですが、早期発見は自分次第だと思います。

日々自動車の事故対応にあたっている、うちの営業マンがポツリ。

 

「スピードを出さないとか、車間距離を取るとか・・・

交通規則を守って少し譲り合いの心を持てば事故は起こらないし、起こっても大きくならない」

 

あたりまえの事なのですが、なぜか心に突き刺さる言葉でした。

 

病気も同じです!!

検診を受ける、調子が悪ければ受診する、大丈夫だと自分で判断しない…

そういうあたりまえの事が、早期発見につながります。

 

健康診断と人間ドックの違い

 

 

早期発見の手段として最も効果的なものが、「健康診断」や「人間ドック」などの定期的な検査です。

しかしこの2つの違いを知っている人、意外と少ないのではないでしょうか??

健康診断も人間ドックも、どちらも自分の健康状態を知るために検査を行うという目的は同じです。

しかし「法的義務があるかないか」といった、決定的な違いがあります!!

 

健康診断は会社が従業員に対して、年1回実施することが義務付けられています。

それに対して人間ドックは、法律に基づかない自由診療の検査です。

個人の意思で検査項目を選んで行うものなので、基本的には自費になります。

 

また健康診断と比べ、人間ドックは検査項目が多いことも大きな違いです!!

一般的な健康診断の内容に加えて、胃カメラ・CT・MRIなどが加わります。

女性特有の病気や脳に特化した検査など、色々なコースがあるのも特徴です。

 

「健康診断だけではわからない病気の早期発見が、人間ドックの目的」と覚えておくと良いでしょう。

最近では費用を補助する職場もあるので、気になる方はぜひ調べてみてください。

 

今は予防医学の時代

 

病気は病気をされる本人だけではなく、その周りの家族にも影響を与えます。

私の家族をとってみても、一人が入院すると家族みんなが影響を受け、通常通りの生活はできなくなりました。

なによりも心が重たくなり、精神的にも苦痛を抱える事になるのです。

 

今、予防医学が叫ばれています!!

適度な運動やバランスの取れた食事、禁煙、適度な休息、そして定期検診。

とても大事なことです。

 

コロナで、なかなか受診しづらい昨今ですが…

特に持病のある方はこんな時だからこそ、しっかり受診していただきたいと思います。

 

私は保険の給付をするのが仕事です。

しかし給付金の連絡を受ける事は、いつまで経っても慣れる事はありません。

どうか今一度自身の健康についてあたりまえだと思わず、セルフチェックをお願いします。

 

今までの経験で、5月は入院が多い月柄です。

皆さま、どうかご自愛下さい!!

 

保険の相談なら

 

 

保険の相談なら、ぜひ私たち「ハロー保険」にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や請求手続きを行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人にとって最適な提案をしますよ。

 

また遠方にお住みでハロー保険に来れないという方には、下の記事をおすすめします!!

参考:保険相談窓口の選び方がわからない?比較サイト15つからおすすめを調べた

口コミ評判の高い全国規模の保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください。