30秒でわかるハロー保険

火災保険の免責金額とは?いくらに設定するのがおすすめ?

 

「火災保険の免責金額って、いったい何でしょう??」

「免責金額は、いくらに設定するのが良いですか??」

火災保険の加入を考えているお客さまから、よく聞かれる質問です。

 

火災保険に入る際には、免責金額をご自身で設定してもらいます。

しかし免責金額とは何か、よく分からない人も多いでしょう。

今日は火災保険の免責金額について、鳥取で80年続く保険代理店が分かりやすくお伝えします!!

 

火災保険の免責金額とは

 

 

火災保険の免責金額とは、簡単に言うと「自己負担額」のことです!!

保険金が出るような事故が起きても、契約者が負担しなければいけない金額のことを言います。

 

たとえば「5万円までは自分で払ってください」みたいな条件が、あなたの火災保険に付いていたとしましょう。

この場合、あなたの火災保険の免責金額は5万円です。

 

免責金額の2つの方式

 

 

免責金額には以下の2種類があり、どちらの方式かで支払われる保険金がちょっと違います!!

 

・エクセス方式(免責方式)

被害総額から免責金額を引いた額が支払われる。

 

・フランチャイズ方式

免責金額を超えたら被害総額の全額が支払われる。

 

とは言っても、上記の説明ではよく分からないですよね??

なので実際に3万円・30万円の被害が出たとき、それぞれいくら受け取れるか表にしてみました!!

ちなみにエクセス方式・フランチャイズ方式ともに、免責金額が5万円の場合です。

 

被害額エクセス方式
免責金額:5万円
フランチャイズ方式
免責金額:5万円
3万円自己負担:3万円
保険金:0万円
自己負担:3万円
保険金:0万円
30万円自己負担:5万円
保険金:25万円
自己負担:0万円
保険金:30万円

 

保険会社や保険の種類によって、どちらか選べるものと選べないものがあります。

くわしくは、それぞれの保険会社や担当者に問い合わせてください。

 

保険会社による免責金額の違い

 

 

免責金額は、各保険会社によってバラバラです!!

また各補償ごとに免責金額を設定できるところもあれば、一律の設定のみというところもあります。

たとえば東京海上日動の火災保険「Total assist住まいの保険」の場合、免責金額は以下の4つから選択しますよ。

 

・0円

・5千円

・3万円

・5万円

 

 

また風災と水災リスクのみ、これとは別途で免責金額を変更することが可能です。

一律で設定した方が楽ですが、補償ごとに設定することで限りなく保険料のムダを省けます。

 

免責金額を設定する理由

 

 

この免責金額、火災保険へ加入する人にとっては不利なように聞こえます。

しかし実は、保険会社と契約者の両方にメリットがある話です!!

 

たとえば大型の台風が来て、日本各地で窓ガラスが割れたとしましょう。

そして「保険金を3万円請求します」という事故が、たくさん起こったとします。

 

この場合、保険会社は多数の事故調査と保険金支払いで大きなリスクを負うでしょう。

また請求がパンクすることで対応が遅れ、契約者に保険金が迅速に届かないかもしれません。

 

そのため「軽度の事故には保険金を支払わない」という契約を、保険会社はあらかじめ契約者と結ぶのです。

そうすることで、保険会社はリスクとコストをおさえられますし・・・

契約者も本当に必要な時に迅速な対応を受けられ、免責金額を設定する分だけ保険料も安くなるのです。

 

免責はゼロがおすすめ

 

 

保険業を20年以上してきた経験から言うと、家周りで数万円の小さな修理が発生する事態ってけっこうあります。

よくあるのは台風や大雪によって瓦(かわら)や雨どいが壊れたり、窓ガラスが割れたりですね。

 

たとえば、少し前に「雪で瓦が何枚か壊れた」というお客さまがいました。

修理代を見積もってみると48,000円、払えなくはないけど一時的な出費としては痛い金額です。

その方は免責金額をゼロにしていたので、48,000円をそのままお支払いすることができました。

 

火災保険は自動車保険とは違って、保険を使ったら保険料が上がるということはありません。

したがって私は個人的に、免責ゼロの充実プランをお客さまにおすすめしています!!

 

地域に合わせた免責設定に

 

 

住んでいる地域によって、発生する自然災害や事故の確率は異なります。

したがって、その地域に合った免責を設定することがとても大事です!!

たとえば、以下のような例が挙げられるでしょう。

 

台風がよく来る:風災の免責を下げる

参考:台風で雨漏りが発生!屋根や雨樋の修理で火災保険を請求できる?

 

川や山が近い:水災の免責を下げる

参考:大雨で土砂崩れやがけ崩れ!土砂災害は火災保険で補償されるか?

 

雪がよく降る:風災の免責を下げる

参考:落雪でカーポートや車が壊れた!雪害(風災)で火災保険は使える?

 

火災保険の相談なら

 

 

火災保険の免責金額のことなら、ぜひ私たちハロー保険にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や事故対応を行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人にとって最適な提案をします。

 

もし遠方だったり相談に来る時間のない方は、下のネット見積もりサービスを使ってください。

参考:【無料】火災保険を最大16社厳選の見積もり比較!|住宅本舗

 

3分ぐらいで簡単に入力でき、一度に最大16社の保険会社の見積もりを無料で取れます。

わざわざ複数の保険会社に出向くことなく、あなたに最適な保険を比較して見つけられますよ!!

 

まとめ

 

「免責金額」とは、修理費のうち自分自身が負担する金額(自己負担額)のことです。

各保険会社によって、免責金額の方式や設定方法は異なります。

家周りで数万円の小さな修理が発生することはけっこうあるので、免責金額はゼロがおすすめです。

 

火災保険に加入している方へ

 

あなたが払っている火災保険の保険料、実は割高ではありませんか??

下の記事をチェックして、あなたの火災保険の適正相場を調べてみましょう!!

参考:火災保険10年でいくら払ってる?保険料の平均相場を知る方法