30秒でわかるハロー保険

生命保険の切り替え時期はいつ?見直しのメリットやタイミング

 

生命保険を見直すメリットは何でしょう??

生命保険の切り替え時期っていつですか??

すでに生命保険に加入しているお客さまから、よく聞かれる質問です。

 

今日は生命保険を見直すメリットについて、鳥取で80年続く保険代理店がくわしくお伝えしましょう!!

また生命保険の切り替えタイミングについても、あわせて書いていきます。

 

生命保険を見直すメリット

 

 

「生命保険は一度加入すればOK」と、イメージしている方はいませんか??

長い人生においては、ときどき生命保険の見直しを行うことは大事です。

以下に、生命保険の切り替えを検討するメリットを挙げてみました!!

 

・変化するライフステージに生命保険を合わせられる

・場合によっては保険料を安くおさえることができる

・より条件の良い生命保険に加入できる可能性がある

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

変化するライフステージに生命保険を合わせられる

 

 

結婚したり子供が生まれたりすると、やしなうべき家族が増えます。

すると、生命保険の金額を増やす必要が出てくるでしょう。

参考:生命保険はいくら必要?死亡保険金額の平均相場と目安を教える

 

また子供が進学することで、学費の準備が必要になったり・・・

参考:学資保険はおすすめしない!代わりに生命保険の死亡保障に入るべき理由

子供が独立した後は、大きな生命保険が用済みになったりします。

 

このように変化するライフステージに合わせて生命保険を変えると、ムダなく十分な保障を得られますよ!!

 

より条件の良い生命保険に加入できる可能性がある

 

 

各保険会社はしのぎを削って、より良い生命保険を開発しようと努力しています。

したがって新しく販売される生命保険の方が、より実情に合った使いやすいものである可能性が高いです!!

 

たとえば昔の医療保険は、「入院1日でいくら」という保険金の設定方法となっています。

しかし入院日数が年々短くなっている現在、この設定方法は現状とあっていません。

参考:医療保険で長期入院保障は必要?おすすめの入院日数を教える

 

したがって最近の医療保険は、入院が決まったら日数に関係なく一時金をもらえるものが増えています。

 

場合によっては保険料を安くおさえることができる

 

 

もし子供が独立して、大きな生命保険が必要なくなった場合・・・

保険金額を減らすことで、大きく保険料を節約できます。

参考:生命保険の見直しは不要?50代・60代夫婦が知るべき保険の選び方

 

また今まで加入していた生命保険と、新しい保険商品を比較したとき・・・

同じような保障内容で、もっと保険料の安いものが見つかるかもしれません。

 

生命保険を見直すことで、今までより保険料がお得になる可能性があるのです!!

 

生命保険の切り替え時期

 

 

生命保険の切り替えタイミングは、ライフイベントの発生時がおすすめです!!

下記のタイミングで生命保険を見直すと、今までにムダだった部分や保障のうすい部分を把握できますよ。

 

・結婚

独身時代とは違って夫婦の長期的なライフプランニングが必要

 

・出産

子供の人数に応じて備えを大きくする必要がある

 

・子供の成長

学資保険と生命保険のバランスについて考える

 

・離婚

家族構成の変化や財産分与で今までの保険を見直し継続や解約を考える

 

・転職や離職

世帯収入の変化に合わせて生命保険の切り替えを検討する

 

・マイホームの購入

住宅ローンを考慮してライフプランや資産計画を修正する

 

切り替えのポイント

 

 

生命保険を切り替えるに当たり、正しい知識を持っていないと逆に損をすることがあります。

わざわざ、生命保険を別の商品に乗り換えたのにも関わらず・・・

保険料が高くなったり、保障がうすくなったりしては意味がありません。

 

そこで生命保険の切り替えで失敗しないためのポイントを、以下3つにまとめました!!

 

・生命保険の種類

・生命保険の条件

・生命保険の保険料

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

生命保険の種類

 

 

生命保険には「定期保険」「終身保険」「養老保険」など、色々な種類があります。

参考:生命保険は全部で7種類!目的別に分類してわかりやすく解説

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分の目的に合った保険を選びましょう!!

 

生命保険の条件

 

 

「誰のためにお金を遺すのか」「どれぐらい遺すべきなのか」を考えたうえで・・・

保険金額・保障期間・受取人など、生命保険の条件を決めていきましょう!!

参考:生命保険はいくら必要?死亡保険金額の平均相場と目安を教える

 

生命保険の保険料

 

 

いくら保険内容が良くても、保険料が多すぎて家計を圧迫したら本末転倒です。

当たり前ですが、保障を手厚くするほど生命保険の保険料は高くなります。

自分が欲しい保障内容と、自分の収入や貯蓄状況のバランスを取りましょう!!

 

生命保険の相談や見直しなら

 

 

生命保険の相談や見直しなら、ぜひ私たち「ハロー保険」にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や請求手続きを行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人にとって最適な提案をしますよ。

 

また遠方にお住みでハロー保険に来れないという方には、下の記事をおすすめします!!

参考:保険相談窓口の選び方がわからない?比較サイト15つからおすすめを調べた

口コミ評判の高い全国規模の保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

 

生命保険は定期的に切り替えることで、ムダがなくなったり保険料が安くなったりと様々なメリットがあります。

結婚・出産・マイホーム購入などのタイミングで、必要な保障額をきちんと計算して加入しなおしましょう。

生命保険の見直しポイントは、「生命保険の種類」「生命保険の条件」「生命保険の保険料」の3つです。