30秒でわかるハロー保険

構造級別を判断する

 

では、自分の家はどの構造級別に該当するのでしょうか??

価格ドットコムさんのホームページに分かりやすい判別表があるので、ここで引用させていただきます。

 

注1:コンクリート造は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、コンクリートブロック造、れんが造、石造を含みます
注2:鉄骨造(S造)は、鉄骨ALC造を含みます
注3:一定の耐火性能を持つ建築物のことで、建築確認申請書の『(第四面) – 【5.耐火建築物】』の欄にてご確認ください。建築確認申請書は、通常、物件の引渡し時に受け取りますが、引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができます。建築確認申請書にて確認できない場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください
注4:省令準耐火建物は、独立行政法人住宅金融支援機構法(旧:住宅金融公庫法)および省令に定める一定の耐火性能を有する建物のことで、書面では確認できない場合が多いです。その場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください

 

この判別表に従っていけば、ご自身の家がどこに該当するか分かるでしょう。

ただしこの構造級別の定義や名称は、保険会社さんによって異なる場合があります。

なのでくわしくは、自分がお世話になる保険会社さんに判断してもらってください。