30秒でわかるハロー保険

82歳の母親が乳がんで放射線治療へ…病院への送迎で気づいたこと

 

未だコロナ終息の兆しも見えない中、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

昨年末、82歳の母が乳がんになりました。

 

3回目でも慣れないがんの告知

 

 

11月半ば頃から、母は「洋服に胸がスレて痛い」と言っていたのですが…

そんなに気にも止めず、「皮膚が炎症を起こしているのだろう」としか思っていませんでした。

それよりも日々の忙しさを理由にして、いま思えば見てあげることすらしなかったのです。

 

それから数日後のこと。

母が「なんかハレてる気がするし、さわると痛くてグリグリがある」と言い、患部を見せてくれました。

すると明らかに左右の色が違うし、右の胸がはれぼったくなっていたのです。

 

今はコロナで、大きな病院に行くには紹介状が必要なため・・・

いつも行く近所の内科医の先生に診てもらい、市立病院を指定して紹介状を書いてもらいました。

 

家族のガンの告知をされるのは、父、母、そして私自身とこれで3回目。

慣れることのない、苦しい時間です。

 

治療法の選択肢は2つ

 

 

幸い母の乳がんは乳頭近くに出来ていたのと、痛いという症状が出て発見が早かったため・・・

「ステージ2」という診断で、治る見込みはあるとのこと。

 

治療の選択肢は、2つありました。

まず1つは、右の乳房を全摘出するという治療。

もう1つは、患部の周辺を半径5センチくらい部分切除をして、その後に放射線治療を25回受けるという治療です。

 

父の時のように、患部を取らすがんとともに生き、最後は緩和医療を受けるという選択肢は初めからなく…

手術を受けることが、マストでした。

 

迷わず放射線治療を選択

 

 

高齢ですが、畑で野菜を作ったり、町の集まりに出掛けてレクリエーションに参加することを楽しみにしている母。

彼女にとって術後の生活を考えると、右腕が不自由なく動かせる事だと、私たち家族は判断しました。

 

したがって迷う事なく、部分切除・放射線治療を選んだのです!!

現在は毎日の放射線治療の通院に、家族が協力しあって同行しています。

 

幸い他に病気がないので食欲もあり、術後の経過も良好です。

娘としては、治療に当たってくださった病院の皆さまに感謝しかありません。

後期高齢者医療なので医療費もさほどかからず、加入してきた医療保険でまかなうことができました。

 

家族の病気は家族の手を取る

 

 

今回の母の病気で、つくづく思ったことがあります。

それは「家族の誰かが病気をすると、少なからず他の家族の手を取ってしまう」ということ!!

 

今は毎日の放射線治療に、私と息子2人の3人で送り迎えをしています。

母が高齢なのと、病院まで遠いこともあり、毎日誰かが通院に付き添います。

 

私と長男は比較的、時間に融通のきく仕事で、次男は平日がお休みの仕事です。

なので、3人で交代しながら付き添っています。

これが私1人にのしかかってきたら、まぎれもない就業不能状態です。

 

そしてこの状況に1番気を使い、いつも「ごめんよ、ごめんよ」と謝る母。

病気になるのは、誰のせいでもないのに。

 

私は今まで本当に家のことを母に任せきりで働いてきたので、できるだけのことをしなくてはと思っています。

少し物忘れが激しくて、すぐ落ち込む母と「子連れ狼」ならぬ「親連れ狼」で、お客様のもとへハロー通信を届ける日々です。笑

 

がん保険の相談なら

 

 

がん保険の相談なら、ぜひ私たち「ハロー保険」にご相談ください!!

 

私たちハロー保険はおかげさまで、7,000人ものお客さまを担当しています。

毎日何件もの契約業務や請求手続きを行っているので、経験豊富なスペシャリストがそろっているのです。

それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人にとって最適な提案をしますよ。

 

また遠方にお住みでハロー保険に来れないという方には、下の記事をおすすめします!!

参考:保険相談窓口の選び方がわからない?比較サイト15つからおすすめを調べた

口コミ評判の高い全国規模の保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください。